テラクオーレクレンジングはメイクが落ちない口コミは本当?界面活性剤不使用?

突然ですが、みなさんはどんなクレンジングを使っていますか?オイル?ジェル?クリーム?ミルク?

たくさん種類があって、どれが自分の肌に合うのか迷走中だという方もいると思います。合う合わないは人それぞれなのでなんとも言えませんが、私が愛用しているテラクオーレを今後買おうか検討している方の参考になればと思って、使用感や成分などをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

テラクオーレについて

TERRA イタリアの大地 CUORE 日本の心
イタリアの豊かな自然と、日本の繊細な感性が融合された、日本人の肌に合うオーガニック認証コスメです。

北イタリアピエモンテ州アルプスの麓にあるのどかな地帯で育まれる、良質なオーガニックの植物。この土地で生まれるテラクオーレ製品は驚くほど多様な花やハーブが贅沢に配合されています。

原料選びに妥協せず、みずみずしい鮮度を保つこと。化粧品にも鮮度が大切だと考え、必要な時に必要な量だけ収穫。朝一番の手作業で、エキスを抽出しています。

バイオダイナミック有機農法と呼ばれ、太陽や月などの天体が大地と生命に大きな影響を与えると考える有機農法を採用し、雌牛の角に牛糞やハーブを詰めたものを地中深くに埋めて熟成させる調合剤を肥料とし、化学肥料を使わずに植物を栽培しています。

独自のカレンダーに沿って種まきから収穫まで行うため、通常の5倍の手間がかかる農法だと言われていますが、土壌の豊かさと、育つ植物のエネルギーが全く違うそうです。

ミルククレンジングについて

クレンジングミルク1本には900輪のローズを惜しみなく、香りを損なわないよう手摘みで丁寧に収穫しているそうです。

クレオパトラも愛したとされる甘くてみずみずしい魅惑的な香りダマスクローズ。口コミを見ていると香りが苦手だというひともいましたが、私はアロママッサージをうけているような感覚で、クレンジング中、幸せなひとときを感じています。

もちろんこの香りも天然のローズの香りで、科学的な香りではありません。

メイクなどの油性の汚れををオフするオリーブオイルと、古い角質や毛穴汚れなど水溶性の汚れをオフするオリーブ石鹸の働きでクレンジングと洗顔がこれ1本で完了します。ダブル洗顔が不要なので肌への負担を減らしてくれるのが魅力的ですね。

優しくメイクや汚れを落とすだけでなく、19種類の植物の美容成分が配合された植物の美容効果で、しなやかでしっとりとした肌に整えてくれます。

鉱物油・合成着色料・合成香料・石油系界面活性剤・パラベン・アルコールなどは不使用です。

価格

税込みで¥3,780

使用目安回数:約40回
容量:125mL
サイズ:W51×H131×D51 mm

成分は?

水、ダマスクバラ花エキス*、オリーブ油*、オレイン酸K、アロエベラ葉エキス、ブドウ種子油*、ナツボダイジュエキス*、トウキンセンカ花エキス*、カミツレ花エキス*、セイヨウサンザシエキス*、ウワウルシ葉エキス*、ビルベリー果実エキス*、ブッチャーブルーム根エキス、カプリル酸グリセリル、トラガント、トウモロコシ胚芽油、スイカズラエキス、グレープフルーツ種子エキス、p-アニス酸、アスパラゴプシスアルマタエキス、ダマスクバラ花油、カラミントエキス、ウスニアバルバタエキス(*はオーガニック原料で全体の95.98%)

オーガニック100%でない理由は?

植物エキスなどの天然由来原料にこだわり製品の開発を行なっていますが、天然由来原料にこだわりすぎると商品の安定性や使用感を損なうことにもなりかねません。

天然由来原料と石油由来原料、化学的に合成された原料を組み合わせることにより使用感もよく安定性に優れた商品にすることが出来ます。

いずれの原料も安全性を確認しているものであり、肌への負担にはならない原料を使用しています。
引用:テラクオーレ公式ホームページ

これはよく言われていますが、天然100%だから安全というわけではなく、天然にこだわりすぎると、使用感が悪かったり、すぐに品質が悪くなってしまったりするので、肌への負担が少ない科学的に合成された原料を少量組み合わせることで、より安定した化粧品になると言われていますね。

界面活性剤不使用?

スポンサードリンク

科学物質である合成界面活性剤は不使用となっています。PEG-10水添ヒマシ油、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ステアリン酸スクロースという天然由来の界面活性剤を使用しております。

引用:テラクオーレ公式ホームページ

界面活性剤が入っていないと化粧落とすことができないので、クレンジングには入っています。ただ、天然由来のものと石油系界面活性剤があるので、テラクオーレクレンジングミルクに入っているのは天然由来ということで肌への負担が少なくメイクオフすることができます。

わたしがミルククレンジングを選んだ理由

私は以前は、オルビスのクレンジングリキッドを使っていて、なんの問題もなかったのですが、出産後の生理再開を機に、肌が荒れやすく不安定になりました。

そこで、化粧品を一度見直そうと思って調べたのがきっかけです。

色々調べていると、どうやらオイルクレンジングは一番肌への負担が大きく、若いうちは大丈夫でも、毎日毎日それを積み重ねることで年齢を重ねた時にしわや乾燥、いろいろな肌トラブルを招くことになるという記事を読みました。

そして肌断食が美肌への近道であるという美容家の佐伯チズさんがオススメしていたミルククレンジングがテラクオーレのダマスクローズクレンジングだったので、思い切ってトライアルを購入してみました。

トライアルを買って気に入ったので、さらに通常のサイズを購入して2ヶ月ほど続けた時、このクレンジングだけのおかげとは思いませんが、新しいニキビは出来なくなり肌が少しずつモチモチの状態へと回復してくれました。

今でも気に入って使い続けています。濃いメイクをしない限りは、おそらく一生使い続けると思います(笑)

使用感

乳液のようにさらっとした感触で、馴染ませるとオイルのようなミルクのような感触になります。洗い上がりは、ぬるっとした感じはありませんが、さっぱり!!!という感じでもなく、よく言えばしっとり。悪く言えばもうちょっとすすぎたい?って感じのイメージです。

香りは私は好きで、アロママッサージを受けているような感覚でクレンジングを楽しむことができました。

落ちないという口コミは本当?

目元やまつげなど、ウォータープルーフの場合は、落ちにくいですね。洗い終わったあとに目元が黒くなっているので、少しごしごしこすらないととれないです。

公式ホームページでも、ウォータープルーフのマスカラやアイメイク、口紅は落ちにくいので、やさしく念入りにクレンジングを馴染ませるか、事前にポイントメイクリムーバーを使うように勧められています。

私は普段はオルビスの赤ちゃんでも使える日焼け止め(化粧下地)と落ちやすいオルビスのパウダーファンデーション、メイクはETVOSのコスメを使っていてウォータープルーフの化粧品は使っていないので、十分落とすことができます。

ニキビ肌にはオススメ

ここまで書いているのを見ると、肌に優しいのはわかるけど、メイクもさっぱりすっきり落ちなさそうだしやめとこうかなと思う方もいると思います。本当、人それぞれなのでなんとも言えないのですが、ニキビや肌荒れで悩んでいる方へはおすすめです。

ニキビができていると、ついつい隠したくなりますが、濃いメイクは肌へ負担がかかり、余計に治りが遅くなってしまうというのはよく言われていますね。

もし、肌への負担を考えて、石鹸でも落とせるような優しいベースメークだけに変えることができるなら、このミルククレンジングでも簡単に落とすことができ、肌への負担を最小限にとどめてくれます。

私はこのクレンジングミルクに変えたおかげで、少しずつ肌荒れを改善することができました。

トライアルキットもあるよ

もし、肌への負担を減らしたい!一度使ってみたい!と思った方がいたら、トライアルキットから試してみることをおすすめします。使用感を良いと感じるか悪いと感じるかはそれぞれですし、香りも割とする方なので、苦手と感じる場合もあると思います。

でも肌に合った場合は、みるみる改善していきます!

こちらからフェイスケア→トライアルセットと進むと購入することができます^^


さいごに

このクレンジングは合う人と合わない人に分かれると思いますが、肌荒れに悩んでいる方は是非、一度試してみて欲しいクレンジングです^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です