• HOME
  • BLOG
  • いろいろ
  • 道端アンジェリカおすすめのブルーグリーンアルジーのダイエット効果は?肌荒れも改善?

道端アンジェリカおすすめのブルーグリーンアルジーのダイエット効果は?肌荒れも改善?

こんにちは。
まいやーです!

女性は誰もが思うこと。

いつまでも若々しく健康で綺麗でいたい!

美容グッズや美容食品は世の中に溢れていますが、一体どれがいいのか?自分に
合うのか?なかなか見つけられませんよね。

今回は美のカリスマ道端アンジェリカさんが毎日飲んでいるというブルーグリーンアルジーについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

ブルーグリーンアルジーって何?

ブルーグリーンアルジーは、北半球でただひとつ、アメリカ・オレゴン州のアッパークラマス湖に自生する天然藍藻類のひとつです。(世界最古の湖のひとつだと言われています)

35億年前に地球上に最初に誕生したといわれる生物(藍藻)で、動植物の起源とも言われています。

13種類のビタミンと20種類のアミノ酸、2種類の色素に4種類の脂肪酸を含有する総合栄養食品で、人体に必要とされる栄養バランスが限りなく理想地に近いことがわかり、今若い女性の間で人気沸騰中です。

欧米では1950年代から健康食品として愛用されているほど、長年にわたって愛されている素材です。

価格

さまざまな会社から出品されていて、価格はまちまちですが、こちらのアメリカの直売店では130粒(1日2粒)で4798円で販売されています。

スポンサードリンク

効果

総合バランス栄養食品
うつ症状改善
ADHD
認知症
抗ウイルス作用
脳機能活性作用
抗酸化・抗炎症
植物性の中で唯一ビタミンB12を含む

抗酸化作用があるということで、アンチエイジングにも効果的です。

さらに消化・吸収に優れているため、成分をしっかりと吸収し、体内の余分なものを排出する作用、さらに食欲の抑制効果もあるためダイエット効果も期待できます。

栄養バランスが良く、抗炎症作用もあるため、肌荒れ改善や肌艶が良くなったという口コミもありました。

授乳中でも飲める?

妊娠・授乳中の方はご使用前にお医者様にご相談ください。との記載があるので、安心して飲める食品ではないようです。

ただ、薬剤師さんは、商品によっては、「そうかかれていても、離乳食が始まっていないような新生児でなければ問題ない」とおっしゃっていたので、妊娠中や授乳中は禁忌!というわけではないと思います。

授乳中に飲むと赤ちゃんに影響が!

成分的にグレーなものは「妊娠中・授乳中の方は医師にご相談してからのご使用ください」みたいな文章があります。

逆に成分的に問題がないものは、「妊娠中・授乳中の方でも安心してご使用頂けます。」みたいな文章がかかれています。

ただ、これには注意が必要です。

わたし娘を出産後、ホルモンバランスの乱れから肌が荒れてなかなか治りませんでした。

授乳中ということで、野菜不足や栄養不足などが関係してるかもと思って青汁を取り寄せて飲むこと1週間。

気付けば、あれ???「なんかここ最近あなた下痢してない?」

そうです。
娘が下痢をしていました。

思い返せば青汁を飲み始めたその日から少しお腹がゆるくなっていました。過去に下痢をして悲惨な経験をしたことがあったので、それに比べて機嫌もよくお尻も荒れず、下痢の頻度も大したことがなかったのであまり気にとめていませんでしたが、明らかに青汁が原因でお腹を下している模様です。

それに気づいた瞬間から飲むのをやめました(賞味期限が2年くらい先だったので、今もクローゼットの中に眠らせておりますww)

もし、「授乳中でも安心してお飲みいただけます」という記載があり、口コミで授乳中でも飲めました!ルンルン♪という方がいたとしても、自分も大丈夫とは限らないことがわかりました。

もし、授乳中に青汁やサプリなどを飲まれる際は、お子さんの様子をよーく見ながら飲みすすめる方がいいですね。

さいごに

地球上に発生してから35億年だった今でも自生し続けるパワーフード【ブルーグリーンアルジー】

美容だけでなく、健康にも必要な要素がたくさんつまっているので、是非飲み続けて効果を実感したいですね。

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

UTANE 自由人 1987年生まれ2児の母(2021年5月に3人目出産予定)わたしの世界観と趣味などについて綴っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。