母になる第9話ネタバレあらすじ!コウと清原果那演じる桃との関係は?

今季のドラマも終盤に差し掛かってきました。今回は「母になる」第9話の予告とあらすじ、最後の最後に出てきたコウが一緒にいた女子高生についての情報についてまとめました。

スポンサードリンク

第9話あらすじ

今までのネタバレ名言や感想などはこちらにまとめています。
ドラマ母になるの名言や考察まとめ集

広(道枝駿佑)が学校をサボって女子高校生の桃(清原果那)と一緒にいたことがわかりショックを受ける結衣(沢尻エリカ)。

聞き付けた里恵(風吹ジュン)が家族会議を開くと言い出し、コウに関わる人みんなを柏崎オートに集める。しかしそこには、結衣に対する里恵の別の思惑があった。

そんなかコウは桃を花火大会に誘う。心配する結衣は木野(中島裕翔)に相談するが、それでも落ち着かず、家族会議には呼ばれなかった麻子(小池栄子)に思わず連絡してしまう。

コウをめぐり再び言い争う2人だったが、心配する気持ちは共有するのだった。

麻子は働き口を見つけたので東京を離れると告げ、お互いに連絡先を消去する約束をして別れる。

一方、結衣とは対照的に陽一(藤木直人)はコウの恋を微笑ましく見守っていた。しかし、約束の時間に帰ってこないコウに対し、これまでに見せたことのない父親の顔を見せる。

そしてようやく重い口を開き桃とのことを語り始めて・・・。

引用:http://www.ntv.co.jp/haha/story/index.html

一緒にいた女子高校生は誰?

 

第8話の最後で、結衣の携帯に学校から電話があり、コウが学校に来ていないことがわかります。結衣はすぐにコウに電話し、一緒にいた麻子も続いて電話するも、コウは音信普通。

すぐに麻子の携帯に折り返しの電話があり、コウかと思って喜んで出ると、知らない女の子の声でした。

「かかってきたから折り返したけどどちらさまですか?コウちゃんになんか用ですか?」

一瞬の演技でしたが、かなり異様な存在感を漂わせていました。

番組最後に流れてくるキャストを確認すると、この女子高生役は桃という役名で、演じているのは清原果那(きよはらかや)さん。

 

コウと桃の関係は?

スポンサードリンク

コウ(道枝駿佑)が学校をさぼって桃(清原果那)といるところが流れ、「どういう関係?」「付き合っているの?」と話題になっています。一見付き合っているように見える二人ですが、第9話でどのような展開を見せてくれるのでしょうか?

第8話で部屋に隠れてこそこそラインをしていたのは、麻子かな?と思っていましたが、桃なのかも知れないですね。ちょっとかっこよく決めて写メを送ろうとしたりして(笑)

あくまでも私の予想ですが、なんだかんだ恋愛関係ではないような気がします。

桃がかなり不良な感じというか、訳ありな感じだったので、そんなところで意気投合してつるむようになったという感じでしょうか。今までのコウは良い子像なので、自分の私利私欲のために学校を休んだりするような子ではなさそうですよね。

今までも、施設に帰るといって嘘をついて逃げ出したのは、なう先輩のためだったし。

桃も家庭に事情があって、「誰かに側にいて欲しい」。そんな桃の力になりたくて、学校を休んで一緒にいるんじゃないかなと思いました^^

第9話では、学校を休んでデートしていたや約束の時間になっても帰らないことで、珍しく父親の陽一がコウと話します。桃との関係、コウをとりまく人たちの関係、来週どのような展開になるのか楽しみです!

さいごに

次回は桃とコウの関係や恋の行方、さらに子どもを心配する気持ちで共感してしまっている結衣と麻子との関係についてもどのように発展していくのかが見どころですね。

もし、最終回予想や、次回の展開などでご意見ありましたら、是非コメント欄にて教えてくださいね^^

それにしても、どのドラマも終盤にさしかかっていますが、久しぶりにドラマを見て、なかなかゆっくり観る時間を作るのは大変だけどやっぱりドラマ面白いなーと思っています(笑)

ゆっくりお茶しながらテレビミタイ。(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です