いろいろ

0歳児の絵本の読み聞かせの効果とは!胎教の大切さやコツも

「読み聞かせ」と聞くと、おうちの人が「読んで聞かせる」というイメージをもつかも知れませんね。でも、大切なのはコミュニケーションです。今回は絵本を読むことで得られる効果や、赤ちゃんの絵本選びのポイントについてまとめました。

 

スポンサードリンク

読み聞かせの大切さ

言葉をまだ身につけていない赤ちゃんにとって、絵本はまだ早いかな?と思うかも知れませんが、赤ちゃんの脳は、妊娠中(胎児の頃)から動き始めています。聴覚が発達するのが20週くらいで、お腹の中でお母さんの心音や血流の音を聞いているといわれています。

そのため、お腹にいる時から絵本を通してお母さんの声を聞かせてあげることは、赤ちゃんの情緒の安定に繋がるので非常に大切です。読み方を気にせず、赤ちゃんと絵本を介してコミュニケーションをとるつもりで、読み聞かせしてあげましょう。赤ちゃんは大好きなおうちの人の声が聞こえるだけで、安心し、幸せな気持ちになります。

 

スポンサードリンク

こんな時はどうしたらいい?

子どもが本を破いた時

赤ちゃんが本をやぶるのは、興味があって本に手を伸ばした証拠です。大きめのセロテープをはって補強してあげましょう。赤ちゃん用の固い紙で作られている絵本にすると、ちょっとやそっとでは破れないのでおすすめです。

また、なめたり破いたりの方が楽しい場合は、新聞紙をビリビリ破る遊びや、なめても大丈夫なおもちゃで遊んで欲求を満たしてあげましょう。

途中であきてどこかへ行ってしまう時

見たくないのに見ていても楽しくありませんよね。見たいページだけ見る。見たいところまで見る。でOKです。好奇心が育ち、興味が出てくると、自然に本は読むようになります。

絵本の読み聞かせタイムのメリット

・感情が豊かになる
絵本の登場人物の気持ちに共感したり、絵本を通して、自分にもいろいろな感情があることを知ったります。

・親子のコミュニケーションが深まる
子どもを膝の上に乗せることでふれあう時間が増え、絵本を通して会話も広がります。

・子どもの興味関心がわかる
子どもの選んでくる絵本によって興味関心を知ることができます。

・子どもの成長に気付く
一緒の時間が増えることによって、子どもの成長に気付く機会も増えます。
今まで聞いているだけだった赤ちゃんが、絵本に出てくる絵を指さしした時や、自分で読むことができなかった子どもが、一生懸命ひらがなを読んでいた時。また今までは自分が読んでもらうばかりだったのに、妹や弟に読んであげていた時が成長を感じるポイントです。

まとめ

絵本は子どもの心を育てます。また、絵本という手段で大好きなおうちの人の声を聞いて子どもは安心します。親子の絆がぐっと深まりますよ。赤ちゃんは絵本が大好き!絵本で一緒に遊ぶつもりで、親子の時間を楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。