いろいろ

赤ちゃんのファーストブックの選び方は?プレゼントにもおすすめの絵本は?

「ファーストブック」とは人生で初めて出会う絵本のこと。書店に行くとたくさんの絵本が並べられていて、何をかっていいか迷いますよね。今回は、保育所の0歳児の部屋に設定してある絵本を参考に、ファーストブックの選び方やプレゼントにおすすめの絵本の紹介です。

 

スポンサードリンク

0歳から読み聞かせは必要?

子どもは絵本を通して想像力や集中力、言語力を養うだけでなく、読んでくれる人の愛情を感じ取って安心したり、幸せな気持ちを感じたりします

初めのうちはぼーっと見ていたり、手に取ってなめたりさわったりして遊んだりするだけですが、耳と脳はしっかり働いていて、スポンジのように絵本の中にでてくる単語を吸収し、言語力を育てていきます。

また、この時期はなによりも絵本を介してコミュニケーションを取ることが一番の目的です。「読み聞かせをしなくては!」と固くならずに、ゆったりとした気持ちで絵本というおもちゃで一緒に楽しい時間を過ごすのが大切です。

0歳児の絵本の読み聞かせの効果とは?胎教の大切さやコツも

ファーストブックの選び方

原色が多くて絵の輪郭がはっきりしている

産まれたばかりの赤ちゃんの視力は0,01程度だと言われていて、淡い色や細かい色の違いを判別するのが難しいです。赤・黄・青・緑・黒・白などの色が多く使われている絵本だと、赤ちゃんでも色を認識してよく見てくれます。

擬音語が多い

「プップー」「じゃぁじゃぁ」「ドンドン」など擬音が多く、繰り返しで出てくる絵本がおすすめです。リズム感があるのが心地よく、繰り返しのストーリーだと先の予測ができるため、楽しみやすいと言われています。

また、場面展開の多い絵本は難しいので、見開き1ページで1場面ずつ描かれているようなものがおすすめですね。

絵本のサイズは小さめ

赤ちゃんは視野が狭いので、手のひらサイズくらいの絵本がベストです。赤ちゃん自身が絵本に興味をもったときにも扱いやすいのでおすすめです。

厚紙でできていて丈夫なつくりである

赤ちゃん絵本はたいてい丈夫な厚紙で作られていますが、赤ちゃんは絵本を見るよりも、手にとってさわってみたり、なめたりかんだりして遊ぶことの方が多いです。普通紙だと「なめたらダメ!」「破れる!」と、せっかく赤ちゃんが絵本という物に興味を持っていてもその気持ちを制止してしまうので、丈夫な厚紙でできている絵本の方がおすすめです。

スポンサードリンク

あかあかくろくろ

赤ちゃんの視覚に届きやすい色合いで描かれた絵本です。視覚でとらえやすいので、興味を持って、じーっと集中してみる赤ちゃんが多いです。

じゃあじゃあびりびり

赤ちゃん絵本を代表する一冊です。私の住んでいるところは絵本教育に力を入れていて、4か月検診のときにプレゼントしてくれました。擬音語が楽しくて、小さいので持ち運びにも便利な絵本です。

プレゼントにもおすすめの絵本は?

かがくいひろしさんの独特の絵で描かれただるまさんシリーズ。だるまさんが出てきて、「どて!」と転んだり「ビローン!」と伸びたり、動きと言葉がとても楽しい絵本です。この絵本は保育所の乳児でも大人気で、だるまさんの動きをまねて遊んだり、出てくる体の部位を触って楽しんだりしていました。3冊セットで、箱にはいっているので、プレゼントにもおすすめです。

さいごに

絵本の読み聞かせは、親子のコミュニケーションのひとつです。特に赤ちゃんの場合は、ストーリーを理解するというよりは、絵本を通して「楽しいね」「面白いね」「ワンワンでてきたね」など、気持ちに共感して楽しむことが大切です。

是非、絵本を通してスキンシップをとるつもりで、赤ちゃんの喜ぶ絵本を読んであげてくださいね^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。