【エイブラハム実践記録】お金と時間をかけるのはまず自分。嫌な気分から自分の心を読み解く

世の中いろんな人がいると思います。

 

あなたの笑顔を見れるのが幸せ

 

あなたのために〇〇をするのが幸せ

 

 

 

でも、自分に何かしらの欲があるうちは、まずその欲求を満たさないと、いくら誰かのために何かをしても幸せを感じにくいと思うのです。

 

二人の娘のために服を買った話

なんかの占い雑誌で目にしたんです。

 

誰かのためにお金や時間を使うことで、豊かになれる

 

これも、『わたしが』取り入れたんですよね。

 

そして、娘たちが喜んでくれたらいいなーと思って可愛らしい服をそれぞれに買ったんです。

 

でも、お支払したあと、なんとも言えない気分でした。

 

決してワクワクはしていない。

 

どちらかというと、嫌な気分。(笑)

 

ここで気づけました!

 

わたしは、娘に可愛い服を買ってワクワクするという段階ではなかったのです。(笑)

 

わたしは、今まで欲しい服も、食べたいものも、飲みたいものも、行きたいところも、結構我慢してきました。

 

 

そういう欲求がなかったり、満たされている場合は次は「誰かを満たす」「誰かに与える」という段階なんだと思うのですが、

 

私の場合は、まだまだ自分を満たす段階でした。

 

まずは自分を満たしてから。

その次に周りの人。

 

嫌な気分とか違和感を覚えたら、なんで?って問いかける癖がついたおかげで、

 

またもや幸せになるための大切なことに気づけました(*´ェ`*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です