価値観・考え

周りの人や環境に振り回されず自分で人生を創る心構え

こんにちは!
UTANEです!

今日は、今のわたしから過去のどんぞこだったわたしに伝えたいシリーズです。

私の体験談も含めて、人生を自分で創る心構えのひとつをまとめてみました。

人生は自分で創るの巻

人生のどん底にぶちあたったとき。

 

しんどい時にね。

 

占いみたいな何かに寄りかかりたくなったり、スピリチュアルとか宇宙のなんとかっていうのを信じたり、それに精通している人の意見を聞きたくなったり。

 

あると思うんですよ。

 

スピリチュアルにはそんなに詳しくはないんですけど、「宇宙からのサイン」というのがあって、

 

看板がイエスだったとかノーだった

とか

GOだったとかSTOPだった

とか。

 

わたしもそういう類の色々な情報が入ってきたんですよね。

 

で、心で唱えた問いかけに対して、目の前に出てきた物理的な事柄が宇宙からのメッセージだと思って信じて行動したこともありました。

 

もしかしたら、それは本当なのかもしれない。

 

占い師さんの中には、統計学だけではなくて、第六感が優れていて、未来を透視できるような人もいるんだとは思うんですよ。

 

でも、それも含めて、信じるか信じないかは自分が決めるんですよね。

 

とある占い番組で、「私はどっちの道を選んだらいいですか?何が向いていますか?」って聞いてたんですよ。

 

占い師さんからの返答を聞いて、参考にして自分で決めるんだったらいいんですけど、

 

「占い師さんが言ったから信じてそのように決めた」っていう人もいると思うんですね。

 

自分の意志がそこにないと、うまくいかなかった時に占い師さんのせいにしちゃうと思うんですよ。

 

「占い師さんを信じたのに失敗した」

「あの占い師さんは当たらない」

「占いはもう信じない」

 

とかそうやって、自分以外の誰かを責めたくなって、気分が悪くなっちゃうと思うんですね。

 

違うでしょ?
それを参考にして決めたのは自分なんでしょ?

 

例えば、占い師さんに何を言われたとしても、看板を見てどんなサインが現れたとしても、それに対して何を感じて、何を決定してどう行動していくのかを決めるのは自分。

 

例えば辛いできごとがあって、「失敗」と思える出来事が訪れたとしても、

 

それを「失敗!最悪!」ととらえるか、

 

「これを乗り越えたら一回り大きくなってより豊かな未来にたどり着ける。これはステップアップのチャンスだ!ワクワク!チャンス!」ととらえるか。

 

同じ出来事に出会っても
同じ物事を見て

 

肯定的にとらえるか否定的にとらえるかは頭の中の考え方の違いだけなんですよね。

 

そうやって物事を自分で決めたと責任が取れる考え方の人は、自分に軸がある。

 

人生の主役の道を歩いている。

 

だから、目の前の出来事や相手の言動に振り回されなくなって、何が起きても気分よく、豊かな未来を生きることができる。

 

誰かにアドバイスを受けたとしても、「自分で決める」「自分で決めた」という覚悟をもって生きられるようになると、人生がウンと楽に想えるんですよね^^

 

今日はこのへんで♪

ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。