いろいろ

節分でお菓子や落花生をまく?地域の違いや恵方巻の具材も

子どもたちと一緒に行事や季節ごとのイベントを楽しむのは、子どもの興味関心を引き付けたり、知識を伝えたりする上でとても大切な事。大人である私たちが知らないと、子どもに「どうして?」「どんな意味があるの?」と聞かれても答えられず、子どもの好奇心や成長の芽をつんでしまいます。

今回は、そもそも節分とは何をする日なのか、豆をまいたり、恵方巻を食べたりする理由や、地域ごとの違いについてお話します。

 

スポンサードリンク

節分ってどんな日?

節分とは、「季節を分ける」「季節の変わり目」を意味しています。季節の始まりの日のことを、「立春・立夏、立秋・立冬」と言い、その日の前日のことを「節分」と言います。

旧暦では一年の始まりが立春(毎年2月4日ごろ)でした。その前日である大みそかに厄払いをして次の年を迎えるということから、2月3日の「節分」が定着していったと言われています。

節分に豆をまく由来とは

季節の変わり目には邪気(鬼)が出ると考えられており、それを追い払うために豆がまかれるようになりました。

これは、「昔むかし、教との鞍馬山に鬼が出た時のこと。毘沙門天のお告げで、鬼退治に豆を使い、鬼の目を打ちつぶして退治した」という故事伝説が始まりと言われています。

まめ(魔目)を鬼の目に投げて鬼を滅するということから、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を払い、無病息災を願うという意味があります。

「鬼」という言葉の由来

「陰(おん)」=目に見えないもの 邪気
「陰(おぬ)」=姿の見えないもの、この世ならざるもの

という言葉に由来しています。

邪気とは

邪気とは、東洋医学では病気を引きを起こす元になるエネルギーだと言われています。季節の変わり目に風邪を引きやすいのは気候の変化だけでなく、邪気の影響もあるのかも知れませんね。

豆まきの仕方

豆まきは、炒った豆?

撒いた豆は後から拾いますが、拾い損ねた豆から芽が出ると災いが起こるという言い伝えがありました。拾い損ねても芽が出ないように、炒った豆を使うようになったそうです。

豆は年の数だけ食べる?

・豆は自分の年の数だけ食べる
・豆は自分の年の数にひとつ足した数を食べる
どちらも聞いたことはありませんか?結論からいうと、これはどちらも正解です。

昔は新しい年を迎えると1歳年をとる、数え年で計算していたので、実年齢にひとつ足した数を食べていました。

地域で違う?節分の日の楽しみ方

豆の代わりに落花生を撒く

北海道、東北、北陸と九州の南の地域では豆の代わりに落花生を撒きます。大豆よりも拾いやすく、地面落ちても実が汚れないことから、広まっていったそうです。

群馬県の鬼石地域では

「鬼は外、福はうち」が豆まきの定番の掛け声ですが、鬼が投げた石でつくられた町といわれるこの町では、「鬼はうち、福もうち」と良い鬼は招き入れるという意味の掛け声をしているようです。

豆の代わりにお菓子をまく?

名古屋や岐阜、三重県あたりの地域では、豆の代わりにお菓子をまき、それを子ども達がひろうという文化があります。

ヒイラギイワシを飾る

イワシのニオイで鬼を呼び込み、チクチクするヒイラギの葉で鬼を退治するという意味から、飾られている地域もあるようです。鬼はイワシのにおいが嫌いなので、鬼が来ないように飾るという説もあります。主に福島や京都の家庭に多いようです。

豆まきは日本独自の文化

世界の各国で、厄払いの儀式やイベントは行われていますが、豆まきや太巻き寿司を食べる文化は日本独自のものだそうです。

 

スポンサードリンク

もともとは関西だけ?恵方巻を食べる

今では全国で食べられており、節分=恵方巻のイメージがありますが、もともとは大阪を中心に太巻きを食べる風習がありました。

恵方巻の具材の決まりはあるの?

恵方巻(太巻き)には7種類の具材を使うとされていました。この7という数字は七福神に関係した数字ということから、縁起がいいと言われていたそうです。

この具材に決まりはなく、地域によっては10種類、12種類というところもありました。

主な具材は
・うなぎ
・伊達巻たまご
・しいたけ
・きゅうり
・かんぴょう
・しょうが
・さくらでんぶ
・あなご
・高野豆腐 など

その家庭でお好みの具材を入れて、作る過程も楽しむと、節分に対しての興味をもつきっかけにもなります。
・海苔を巻いた恵方巻が、「福を巻きこむ」と言われ、その年の恵方を向いて食べることで、福を招き入れることができると言われています。

恵方巻を食べる上でのルール

・切らずにかぶりつくのは「縁を切らない」という願いをこめて丸かぶりします。

・恵方巻は食べ終わるまで喋らないというルールがあります。これは、「話す言葉と一緒に運が逃げてしまうから」「雑念が入るから」など諸説あります。

信じる人は実行し、それよりも家族で食べる楽しみを味わいたい人は、話をしながら楽しんで食べる方がいいと思いますね。

恵方巻はセブンイレブンから広まった?

実は昔はこのような習慣はなく、1998年(平成10年)にセブンイレブンが全国発売にあたり、「恵方巻」という商品名で売り出した事で、節分には恵方巻という風習が定着したようです。

2017年の方向は?

北北西(微北)です。
これは、この年の縁起のいい方角とされ、自宅から見てこの方角に初詣にいくと良いとされています。

さいごに

日本に伝わる行事やお話をお子さんに伝えてあげると、興味関心の幅が広がり、「もっと知りたい」という好奇心を育てます。是非、大人の方が知識を深め、お子さんと一緒に体験し、楽しみながら伝えていってあげてくださいね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。