ママライフ

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時の磨き方のコツとは?どんな歯ブラシを選ぶ?

赤ちゃんの歯が生えてくるタイミングはかなり個人差がありますが、平均的には6カ月ごろ~と言われています。歯磨きスタートは最初の歯が生えた時からですので、6か月ごろ~1歳で始められる方が多いと思います。

でも、歯磨きを嫌がってなかなかみがけない!と悩んでいる保護者の方って多いですよね。私自身そうでしたし、周りのお母さんたちも悩んでいる方が多かったです。今回はその時に調べた情報や歯医者さんに聞いたコツをまとめました。

 

スポンサードリンク

歯磨きスタートのタイミングは?

最初の歯が生えた時から始めます。ただ、初めは下の前歯が2本だけなので、いきなりブラシではなく、柔らかいガーゼなどで、口の周り、舌、歯ぐきと前歯を拭いてあげることから始めましょう。

いきなり歯ブラシを口に入れると赤ちゃんもビックリして嫌がる可能性が高くなります。まだこの時期は間食も少ないと思いますので、唾液の自浄作用で口内を清潔に保つことができます。あせらずに少しずつ「口の中をみがく」という行為に慣れさせましょう

歯ブラシの選び方

・赤ちゃんが握りやすいもの
・毛は柔らかめで、毛先はフラットになっているもの
・毛に隙間がなく、密集しているもの

自分で持つと安心する赤ちゃんもいますので、その時は喉付き防止がついている歯ブラシを赤ちゃんに持たせてあげましょう。

スポンサードリンク

歯磨き粉の選び方

・ジェルタイプ
・誤飲しても安全なように、発泡剤、研磨剤が無添加のもの(小児用はたいてい無添加です)
フッ素配合のもの(虫歯を予防して歯を丈夫にしてくれます)
・味付きの方が好みの場合は、イチゴ味やブドウ味のもの

歯磨き粉の味を嫌がる場合は、素洗いで十分汚れは落とせるので、無理のない程度につけましょう。始めはすすぐことが難しいので、軽く濡らしたガーゼでふきとりましょう。

歯磨きを嫌がるときのコツ

楽しい雰囲気作り

歯磨きの時間をスキンシップの時間のひとつとして、歌をうたったりおしゃべりしたりしながら楽しくすすめましょう。歯ブラシでほっぺたや唇をつついて遊んだり、「磨く」以外の遊びを取り入れながら少しずつ慣れさせていきます

食べるものを気をつける

3歳までに口内環境が決まるので、それまでは、チョコレートやガム、キャラメル、ジュースなど糖分の高いおやつはあげないようにします。(歯医者さん的には、せんべいやビスケットがおすすめのようです。)

また、ジュース(野菜ジュースも含む)も、お茶の代わりに頻繁に飲むと虫歯に繋がりやすいので、「食事の時間」「おやつの時間」など限定して飲ませるようにします。

食べ方に気をつけていたら、しっかり磨けていなくても虫歯のリスクはかなりおさえることができます。嫌がるお子さんにはお薦めの対処法です。

 

シャカシャカポン!で楽しく歯磨き

歯医者さんに相談した時に教えて頂いた方法です。口の中でゴシゴシ磨くと赤ちゃんに嫌がられることが多いので、一本一本「シャカシャカ」と磨いて「ポン」と口の外の歯ブラシを出してあげます。一本磨き終わったら次の歯も「シャカシャカポン!」そうやって全ての歯を一本一本磨いていきます。

実際に私の娘が歯磨きをさせてくれるようになったのはこの方法でした。「ポン!」が楽しいようで、一緒に言いながら楽しく「ポン!」と磨けるようになりました。

まとめ

・歯磨きのスタートは歯が生え始めたころから
・歯ブラシは握りやすくて毛の柔らかくてフラットなものを選ぶ
・歯磨き粉は発泡剤・研磨剤が無添加のものでフッ素配合のもの
・歯磨きの時間を楽しく過ごせるように工夫し、抵抗がなくなってきたら「シャカシャカポン!」に挑戦

毎日必ずする歯磨き。出来るだけ楽しい時間になるように、磨こう磨こうと必死にならずに、遊びながら歯磨きタイムを親子で楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。