エア花見って何?準備するものや子どもとの楽しみ方について

お花見とは、桜の花を見て春の訪れを感じる日本古来の風習で、現代でも春のイベントとして各地で盛り上がっていますよね。お花見は、みんなで集まってワイワイ喋ったり飲んだり食べたりして楽しんだり、桜の美しさや香りを感じたりできる楽しいイベント。

でも、天候を気にしたり、小さな子どもがいると退屈しないように場所を選んだり、たくさんの荷物を準備したりと、大変なこともたくさんありますよね。今回は今ブームのエアー花見のメリットとデメリットや準備物と楽しみ方についてまとめました。

スポンサードリンク

エアー花見って何?

エアー花見とは、スマートフォンやパソコンなどで、桜の画像や動画を見たり、桜やお花見にまつわるグッズを部屋に飾ったりして、屋内でお花見を楽しむことを言います。

エアー花見のメリット

屋外で行うお花見は、天候の心配はもちろん、荷物も多くなったり混雑するような人気のスポットであれば早くから席取りをしたり、楽しい反面、大変なこともたくさんありますよね。

【東京版】子どもと一緒にお花見が雨でも楽しめるおでかけスポットは?(準備中)

お花見の予定日が雨天の場合はどうする?雨上がりの時の準備と対処についても(準備中)

その点エアー花見は、自宅に友達を招いたり、友達の家にお邪魔したり、お店でのイベントに参加したりするので、雨や寒さなどの天候を心配する必要はなく、小さな子どもを連れていると困ることの多い、おむつ替えや授乳などにも困ることもありません。

場所を取る必要もなければ、駐車場などの混雑状況も関係ないので、小さなお子さんがいると、室内に花見グッズで飾って友達とワイワイしゃべりながら飲んだり食べたりする方が安心して楽しめるかもしれませんね。

スポンサードリンク

エアー花見のデメリット

なんといっても雰囲気に欠けることです。混雑してるとは言っても、周りのワイワイガヤガヤした感じがお花見気分を味わうひとつの醍醐味でもありますし、開放感あふれる屋外でのピクニック気分を味わうことはできません。

本物の桜の華やかさや、風で舞い散る花びらの美しさを見ることもできないので、それを子ども達に見せてあげたいという場合は本物のお花見の方がいいですね。

エアー花見の準備物は?

動画やDVDを流しながらお酒を飲む、一人エアー花見をする方もいるそうですが、子どもがいると動画だけだとちょっと寂しいですよね。子どもたちが集まる場合は、部屋の中をピンクに彩って、100円ショップの桜の造花などを飾りつけましょう。ピンクの折り紙をちぎって花吹雪にしたり、クラッカーを用意したりしておくと、パーティー気分を味わえて子どもたちも喜びます。

 

 

さいごに

エアー花見の存在を知って、お花見の楽しみ方が多様化していることを感じました。お花見したいけど子どもがややこしい。。そんな時に、春の季節を子どもと一緒に感じるには素敵なアイデアだと思います。

外でのお花見の良さもあれば、エアー花見のメリットもあるので、天候や集まるお子さんの年齢などに合わせて楽しみ方を変えるといいですよね。散歩やおでかけのときには本物の桜を見せてあげるだけでも、子どもの心には十分響くものがあると思います^^

是非、それぞれに合った無理のない方法でお花見を楽しみましょう^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です