ひな人形の顔や着物を傷つけない収納方法は?供養ができるところはどこ?

1年の中で日の目を見るのはわずか。3月3日をすぎると、すぐに収納の準備が始まります。ひな人形は高価なものなので、できるだけ傷まないように。そして、また来年もおひなさまのシーズンになれば綺麗に飾ることができるように、正しく収納したいですよね。今回は、収納方法やもういらないと思った時の処分方法についてまとめました。

ひなまつりの由来やはまぐりや菱餅を食べる理由は?歌詞には間違いがある?

ひなまつりを子どもに説明するコツやおすすめの絵本は?保育園の遊びも!

 

スポンサードリンク

ひな人形の収納方法

≪ほこりをはらう≫
まずは、筆のほぐれたものや、化粧道具のはけのようなものでお人形の顔や着物、小物類についたほこりを丁寧にはらいましょう

≪小物はビニール袋へまとめよう≫
ひな人形は小物がとても多いです。なくさないためにも、袋にまとめておくようにしましょう。また、何段目の置物なのか。誰の持ち物なのかがわからず、飾る時に苦労した経験はないですか?

ジップロックや100円ショップに売っているチャック付きの袋に、何段目の誰の持ち物かを書き、分けて収納しておくと便利です。

≪ひな人形の顔を優しく包もう≫
お人形の顔は、綿や柔らかい布、なければティッシュペーパーで優しく包みます。髪型や顔がくずれないように、そっと優しく包むのがポイントです。

着物も空気にふれると傷んでしまうので、同じように綿か布、または印刷に使う紙のように無地で色移りしないもので、体全体を優しく包み込みます。着物の裾部分はシワになりやすいので、包む時としまう時は気をつけましょう。

収納の順序

飾った順番の逆からしまっていくと、スムーズに収納することができます。お人形が下になると上からの重みで傷んでしまう可能性があるので、下の段の小物から片付けるようにしましょう。

箱への納め方

下に置物や小物類を収納したら、その隙間にお人形を入れて行きます。そして、空いた隙間を印刷用紙のような色移りしない紙を丸めて隙間に埋めて行きます。振動でお人形が中で動くと傷んでしまうからです。新聞紙は色移りしてしまうので、絶対使わないようにしましょう

≪防虫剤をいれよう≫
直接お人形にふれないように、箱の上部に入れるようにします。数は防虫剤にもよるので、箱の大きさやひな人形の規模に合わせて調整しましょう。

防虫剤の種類ですが、ホームセンターで人形用の防虫剤が売られているので、そのような専用の物を使いましょう。

≪収納場所はどこがいい?≫
極度に乾燥するような場所や、湿気の多い場所は避けましょう。また、丁寧に梱包しているとはいえ、直射日光はお人形の顔や着物を傷めてしまう可能性が高いので、日があまり強く当たらない、風通しの良い場所を選びましょう。

注意すること

お人形を持つ時は体を優しくもつこと。顔にふれてしまうと、手の脂や雑菌が付着して痛む原因となってしまいます。そして、飾る手順は人それぞれなので、飾った時のことを思い出して、こうしておくと便利だな。ということを収納する時に気をつけておくと、飾る時スムーズです。出す時のことを考えて収納しましょう

 

スポンサードリンク

ひな人形の処分の仕方

ひな人形はもともと子どもたちが健康で元気に育つように、子どもの身代わりとして扱っていたものなので、魂が宿っているといわれています。感謝の気持ちをもって、人形供養をしている神社やお寺に供養しにいきましょう。

また、各地で、「ビッグひな祭り」というイベントが行われています。これは、全国から集まったおひな様を集め、雛段に一斉に飾るイベントです。そして、このお祭りで役目を終えたひな人形は供養もして頂けます。

徳島県勝浦町のビッグひな祭りのイベントの詳細はこちらです。
http://www.awanavi.jp
出典:徳島県観光情報サイト

千葉県勝浦市のビッグひな祭りのイベントの詳細はこちらです。
http://www.katsuura-sanpo.com
出典:勝浦市観光ポータルサイト

ひなまつりの都市伝説

「ひなまつりが過ぎてもひな人形をしまわずに、いつまでも出しておくとお嫁に行き遅れる」というような都市伝説を聞いたことはありますか?これは、昔の人が「いつまでも片付けをしないようなだらしのない娘はお嫁に行くのが遅くなるぞ」という戒めのように言った言葉だそうです。さらに、「片付く」=「お嫁に行く」という願いも込められていたそうです。

 

 

さいごに

飾るのにとっても時間がかかるおひな様。飾る時に少しでもスムーズに出せるように、しまう時にいろいろな事に注意を払っておきたいですね。また、高価なひな人形はなかなか捨てられず、いつまでも屋根裏の隅にしまいっぱなし。。。そんな方は、このようなイベントで、ひな人形を晴れ舞台に飾ってあげて、感謝の気持ちを込めて、お別れするようにしましょう。

しまう場合も処分する場合も、いずれにしても「ありがとう」の気持ちを込めることを子ども達に伝えて行きたいですね

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です