ひなまつりの由来やはまぐりや菱餅を食べる理由は?歌詞には間違いがある?

3月3日は桃の節句、ひなまつりです。ひなまつりといえば、女の子の健やかな成長を祈る行事のひとつです。百貨店ではひな人形が並べられ、スーパーではひなあられやひな祭りグッズが並べられ、女の子がいる親はワクワクしますよね。

しかし、なぜひな人形を飾るのか、ひなあられをはじめ、食べると縁起のいいとされている食べ物やその理由はなんなのかを知っていますか?

子どもと行事をより一層楽しむためにも、由来について詳しく知っておきたいですよね。今回はまず、ひな祭りの由来や食べ物についてまとめました。

 

スポンサードリンク

ひなまつりの由来

3月3日は「上巳の日」と言われ、旧暦で3月上旬の巳の日を差します。桃は昔から「邪気を祓う力がある」とされており、様々な神事に取り入れられてきました。後に3月3日へと定着し、桃の節句と呼ばれるようになりました。

ひいな遊び

平安時代の京都では「ひいな遊び」といって、紙などでつくった人形と、御殿や身の回りの道具をまねたおもちゃで遊ぶ、ままごと遊びのようなものが流行っていました。

流し雛

昔、日本では紙で作った人形を川に流す「流し雛」という行事が行われており、人形に自分の穢れ(けがれ)をうつし、身代わりにして水に流すことで厄を払っていました

平安時代を代表する文学、源氏物語の中には

源氏の君が陰陽師に祓いをさせて、人形を舟に乗せ、須磨の海へ流す

というシーンがあります。

そして、室町時代には人形が豪華になり、江戸時代にかけて、次第に流すものから飾るものへと変わっていきました。

中国ではこの日に水辺で穢れを祓う「曲水の宴」という行事が行われ、その際に人形を自分の身代りにして水に流したそうです。これが流し雛の原点だと言われています。

二つが結びついてひなまつりに

江戸時代になり、桃の節句として「ひなまつり」が女の子の成長を祝う日であることが定着し、雛人形も華やかなものになりました。

始めは男女一対の人形を飾るだけだったのが、次第に十二単の装束を着せた「元禄雛」、装束は有職の作法に従って作られ、現代のひな人形につながる「古今雛」と呼ばれるものへ。また、官女やお囃子などの添え人形や、嫁入り道具や段飾りなども増え、金屏風の前に並べる立派なものへと変わっていきました。

 

食べると縁起のいい食べ物とその理由は?

・ちらしずし

海老は腰が曲がるまで長生きするように。
れんこんは将来を見通して成長できるように
豆は健康でマメに働き、マメに生きることから。

・ハマグリのお吸い物

出典:http://yazuken.com/eating/hina/no002.html
ぴったりと合わさる貝殻が、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と連れ添うようにという願いがこめられている。

平安時代には、ハマグリの貝殻を使った貝合わせという遊びが行われていました。1枚ずつに分け、それぞれに絵や文字をかいて伏せて並べ、対になった貝殻を探して遊ぶものです。(現代では、トランプの神経衰弱のようなものです)

・菱餅(ひしもち)

緑と白とピンクの餅を3段に重ねてひし形に切ったものです。
緑は長寿と健康
白は、清浄や純白
ピンクは、魔除け、桃の花
の意味が込められています。

・ひなあられ

昔、「ひなの国見せ」というひな人形を持って野山や海辺へでかけて、お雛様に春の景色を見せてあげるという風習がありました。その時に持って行ったお菓子が「ひなあられ」だといわれています。

色合いは菱餅と同じで、緑、白、ピンクから出来ていますが、黄色のひなあられが入っていることもあります。
これは、ひなあられが「春夏秋冬」を表し一年を通じて子どもの健康と幸せを願うという意味が込められています。

春 桜の桃色
夏 新緑の緑色
秋 紅葉した葉や銀杏の黄色
冬 真っ白な雪の色

ちなみに関東のひなあられは米粒の大きさで甘いあられ。米から出来ているポン菓子を甘く味付けしたもの。これに対して関東のひなあられは、餅から出来ており、醤油や塩で味付けされています。

・白酒

もともとは、「百歳(ももとせ)まで長生きしますように」と、邪気を祓う力があり、不老長寿を与える植物とされる桃の花びらをお酒にいれて飲む習慣もありました。

江戸時代になると、桃花酒から白酒へとかわっていき、ひな祭りのお酒として定着しました。

少し白酒めされたか 赤いお顔の右大臣

その他にも、芽吹くものが縁起がいいとされ、わらびやよもぎ、木の芽などをおひたしにしたり、お吸い物にしたりして食されることもあります。

 

スポンサードリンク

片付けるのが遅くなると結婚が遅れる?

こんな迷信、一度は聞いたことありませんか?

こんなことで本当に婚期が遅れるとは思えませんが、「ひな祭りが終わった後、すぐに片付けずにいつまでも出しっぱなしにしているようなだらしの無い娘は、嫁に行くのが遅い」と、昔の人が娘を戒めるために使った話だそうです。

せっかく飾ったのだから、少しでも長く飾っておきたいと思いますよね。すぐに片付けるのは難しいとは思いますが、大変な片付けを先延ばしにするとなかなか進まないので、ひな祭りのお祝いが終わったら気合いを入れてなるべく早く片付ける方がいいですね。

雛飾りをしまうのに良い日取りは、啓蟄(けいちつ)の日が良いと言われています。二十四節季という1年を24つに区切った季節のひとつのことで、3月6日ごろのことを言います。この日から春分の日までのころを啓蟄ともいいます。

ひな人形の顔や着物を傷つけない収納方法は?供養ができるところはどこ?

ちなみに飾るのに良い日取りは、雨水(うすい)の日と言われ、この日に飾ることで良い伴侶にめぐり逢うと言われています。2月19日ごろのことで、この日から3月6日の啓蟄の日までを雨水ともいいます。

歌詞には誤った場所が二つある?

お内裏様とお雛様?

お内裏様とお雛様 2人並んですまし顔

歌詞の中では、雛段の一番上にいる男雛(おびな)と女雛(めびな)のことを、「お内裏様とお雛様」と言っています。

しかし実際は、男雛(おびな)と女雛(めびな)合わせてお内裏様と呼びます。そしてお雛様とは、このお内裏様も含め、三人官女や五人囃子など全てを差す言葉です。

「うれしいひなまつり」の歌詞が有名になり、勘違いして覚える人が増えてしまったようです。

赤いお顔の右大臣

少し白酒めされたか 赤いお顔の右大臣

実際は向かって右側の左大臣の顔が赤いです。対面で見ると左右が逆になるので少しややこしいですね。

さいごに

ひなまつりの由来や食べ物とその理由についてのご紹介でした。昔から伝わる年中行事には、大人でも知らないような深い歴史が隠されていて興味深いですよね。是非、子ども達に伝えていくためにも、行事の歴史を正しく知っていきたいですね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です