幼稚園の園庭を芝生にするメリットとデメリットは?手入れが大変?

こんにちは!マイヤーです。

近所の幼稚園で地域の未就園児むけの園庭開放があって、初めて参加してきました^^

そこの幼稚園は、園庭が芝生!!遊びに行くわたしたちはフワフワの芝生が嬉しかったんですが、先生たちは手入れが大変だろうなとか思いながら見ていました。

幼稚園の園庭を芝生にするメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

幼稚園の芝生化

日本全国で、幼稚園や保育園の園庭の芝生化が進んでいますね。東京都は平成20年度以降、東京を緑あふれる都市へと発展させるために園庭校庭の芝生化に取り組み、大阪府でも市街地の身近なみどりを増やすためとして、芝生化をすすめています。

たしかに緑が増えると見栄えもよく、環境にも良いのでメリットはあるのですが、それに対してデメリットはどれほどあるのでしょうか?

メリットとデメリットについてまとめてみました。

メリットについて

・赤ちゃんがいる場合は、園庭でハイハイして遊ぶことができる

・見栄えがいい

・転んでもケガをしにくい(一概にメリットだとは思いませんが)

・夏の猛暑への対策になる

・雨上がりでも泥だらけにならない

・園庭で、寝転んだり転がったりして遊ぶことができる

・砂ぼこりがたたない

・靴や服が汚れないので洗濯が楽

こうやってあげてみると、園庭が芝生だとメリットはかなり多いんですよね。

デメリットについて

・コストと手入れの手間がかかる(芝刈り、雑草を取る、雨が降らない日が続くと水をまくなど)

・砂に比べて、夏は蚊が増える

・砂場でしか砂で遊べない

・ドッジボールやかけっこなどのゲームをする足や水で簡単に線が引けない

・芝生は根付くまで結構期間かかるので、その間園庭で遊べない(これがめちゃめちゃ不便です!)

数だけ見るとデメリットは少なく感じますが、とにかくコストと手間がかかりすぎることと、根付くまでは本当に不便です。ほとんど室内で過ごし、外で遊ぶには近所の公園や広場まででかけないといけません。

みんなで集まる時は室内のホールじゃないといけなくて、お帰りも園庭を通らないように気を付けて帰る。芝生が根付くまでに子どもたちが積んだり触ったりすると、すぐに枯れてしまうようですね。。

私が園長ならしないに一票

スポンサードリンク

 

タイトルの通り、私が園長なら絶対にしないですね。

メリットもたくさんあるので、業者を雇うコストがあるならいいんですが、そうでなければ職員の負担が大きすぎると思います。

日々の保育や準備に加えて手紙の作成や保護者対応、会議や研究会など、日々仕事は盛りだくさんです!

民間の幼稚園であれば、公立に比べて先生の負担が大きいので、行事前だと、朝7時ごろには出勤して、日付が変わってから帰宅することもざらにあります。

私立の幼稚園は、よほどサポートがしっかりしている園でないと、子育てと仕事を両立させるのは難しいですよね。

幼稚園の子は早く帰るじゃん!保育所の子は昼寝するじゃん!って思われることが多いですが、どちらも自分の休憩を取る時間もなく、残業もかなりしながら仕事しています。

それに加えて芝生の手入れをするのは、ありえないですね(笑)おそらく、幼稚園教諭や保育士の経験ある方はほとんどがそう思うのではないでしょうか。

さいごに

メリットもデメリットもありますが、かけた手間とコストに対してどの程度のパフォーマンスが期待できるのかを考えると、デメリットの方が多いと私は思います(;’∀’)

ただ、保護者として参加させて頂く分には、芝生はやはりとっても心地よかったです^^(笑)

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です