• HOME
  • BLOG
  • いろいろ
  • 新築の間取りで2階にトイレは必要?後付けするなら費用はいくらかかる?

新築の間取りで2階にトイレは必要?後付けするなら費用はいくらかかる?

こんにちは!
マイヤーです。

新築の一戸建てをたてるとき、欲しいものを何から何までつけているどんどん予算オーバーしていきます。

それでも最低限必要なものは付けたい。

今回は、二階にトイレが絶対に必要だと思っている筆者が、その理由についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

2階にトイレが必要な理由

朝の身支度が重なったとき

働いているのは旦那さんだけ。とか、夫婦でも朝の出勤時間がバラバラで身支度が重ならないとかであればあまり問題ではないかとも思います。

が!子どもが二人以上いる場合は、学校に行きだすようになると朝の身支度の時間がガッツリ被ります。

それに加えて、大人のどちらかでもトイレに入っているとしたら、間違いなくトイレ紛争が巻き起こります!

「まだ!?」
「もうでる?」
「早く出てー」

私が育った実家ではこんなことが日常茶飯事でした。

友人談では、家ではゆっくりできないから、学校に行く途中のコンビニでしたとか駅のトイレでしたとかも聞いたことがあります。

おうちを建てるときに難しいのは、今と状況がどんどん変わっていくということです。

子どもが二人以上いて、洗面所やトイレのタイミングがかぶるときに、「つけておけば良かった」と思っても遅いので、あとから必要となりそうなものはつけておくほうがいいと私は思っています。

来客がきているとき

人が来ているときは、一階のトイレは入りづらいと思います。

お客さんが使うためにあけておきたいと思う方もいるでしょう。

来客がよく来る場合は、二階にもトイレがあると便利です。

夜中にトイレに行く場合

一般的な間取りでは、キッチンやリビングがあるフロアと寝室は別の階になっていると思います。

寝室が二階にあって一階にしかトイレがない場合。

わざわざ暗い中、夜中に下までおりなければ行けません。

これも、自分はよくても子どもが夜中にトイレに行きたくなったら付いていかないといけないので大変です。

また、インフルエンザや体調が悪くて寝室で休んでいるときでも、トイレの度に一階へ。

これが二階にも設置したい一番の理由ですね。

スポンサードリンク

朝の排便は大切!

1日の中で朝は排出、消化の時間帯です。

だから朝はグリーンスムージーや果物など消化を助けるものを摂取するといいと言われています。

なんだか話がそれているようにも感じますが、言いたいことは、朝ゆっくりトイレの時間をとることは大切だということです(笑)

家族が「まだかまだか」と急かしてきたらゆっくりなんかしていられませんので(-ω-;)

後からつけるとしたら費用はいくらかかる?

このあたりは工務店やハウスメーカーによって幅はあります。

LIXILやTOTOなど大手メーカーとやりとりしているハウスメーカーであれば、少し安く設置することができるようですね。

費用としては、だいたい20万円前後で設置できるようです。

あとからリフォームで設置するとなると、トイレ本体のグレードに加えて、既存の給排水管の工事も入ってくるので、50万円~100万円ほどかかるようです。

また、後から設置したくても、現在の間取り的に設置したくてもどうもこうも幅が取れないこともあります。

「あったら良かった」と後悔する前に、設置を検討する方がいいかと思います^^

2階にトイレを設置するデメリット


メリットはこのようにたくさんあるのですが、デメリットもあります。

一つ目はもちろん費用がかかること。

20万円をそのまま浮かす方法もありますし、浮いた20万円で窓のサッシをグレードアップしたり、より優先したい場所にその費用を回すこともできます。

二つ目は、設置することによって2階の間取りの自由がきかなくなること。トイレを付けるとなると、窓を確保するために場所が限られるため、それにともなって他の部屋の配置も限られてきます。

限られた予算の中で、何に優先して費用をかけていくのか、夫婦でしっかりと話し合うことが本当に大切ですね。

また、現在だけではなく、幼い子どもたちのこと、さらに子どもが成長し、思春期を迎えた時のことまでを想定して、何を優先すべきかを決めるといいですね。

さいごに

我が家のマイホーム作りもいよいよ間取りが決定しました!

ひとつひとつの間取りのこだわりについてまたご紹介させていただきます^^

それでは今回はこの辺で。
ありがとうございました~♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

UTANE 自由人 1987年生まれ2児の母(2021年5月に3人目出産予定)わたしの世界観と趣味などについて綴っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。