ママライフ

2歳児のイヤイヤ期の原因は?一番効果的な対処法と乗り切り方

こんにちは!もうすぐ2歳になる娘はイヤイヤ期に差しかかってきました(笑)

イヤイヤ期の子どもの心の中は一体どうなっているのでしょうか。保育現場で2歳児のイヤイヤモンスターたちとの毎日を思い出しながら、実践してきたことをまとめました。

 

スポンサードリンク

イヤイヤ期とは

子育てする上で多くのお母さんをなやませる「イヤイヤ期」

何をするにも「イヤ」

まず口から出る言葉は「イヤ」

本気で「イヤ!!」

とりあえず言ってみる「イヤ」

など。

とにかくこの時期の流行語大賞に選ばれるのは間違いなく「イヤ」ですね(笑)

また、同時に「自分で」やりたがる年齢。

手伝われるのが「イヤ」で「自分で」やってみるけど上手くいかずにかんしゃくを起こす。泣く。怒る。

子ども達の心の中は一体どうなっているのでしょう。

何が原因なの?

生まれたばかりの赤ちゃんにとってママは自分と同じ人間、自分の延長線上にいる存在だと認識しています。自分とママは同じ気持ちでいるのが当たり前、一緒に行動するのが当たり前、という時期を過ごします。

ところが、1歳ごろになると、ママと自分は違う存在だということに気づき、気持ちに違いがあるということにも気づきます。

そして自分の意志をもつようになり、自我が芽生え自分のやりたいことを強く主張するようになり、自分の思い通りにならない時は強く自己主張するようになります。

これがうまく言葉で主張できればいいのですが、まだ言葉で表現することができない1歳の子どもにとって、かんしゃくを起こしたり泣きわめいたりする方法で自己表現をします。

つまりイヤイヤ期とは、子どもが生まれて初めて自分の意志をもち、自分の気持ちを伝えようとしている姿の現れで、大きな成長の証なのです。

イヤイヤエピソード集

たまにイヤイヤ期がなかったという子どももいますが、多くのご家庭にはイヤイヤ星人がいます(笑)

子育て雑誌のひよこくらぶのママの声を参考に、イヤイヤエピソードをまとめました。

食事でイヤイヤ

嫌々食べるのが嫌だと泣いて怒ったり、「自分で食べる」と言ってうまく食べられなくて怒る。

しまいにはお皿をひっくり返して怒ることも(^-^;

着替えでイヤイヤ

着替えることを嫌がったり、「その服は嫌だ」「この服がいい」とこだわりを見せるようになり、着替えにかなりの時間を使うことも。

「自分で着る」と言ってはみるものの、やはりまだうまく着ることができないので怒ったり、手伝われるのも嫌がったりします。

じゃぁどうしろってゆうねん!!と言いたくなる場面ですよね。

お風呂でイヤイヤ

お風呂に入ろうかと誘ってもまずは「イヤ」

どんなに子どもの好きなおもちゃで遊ぼうと誘っても、とにかく嫌がります。

やっとの思いで連れて入ったら、今度は出るのがイヤだとか。

とにかく全部イヤなんだ(笑)

歯磨きでイヤイヤ

仕上げ磨きを嫌がり、どんなに足で固定してもうまく磨くことができずどんどん歯磨きのことを嫌がるようになります。

例えば、歯医者さんだとお利口に口を開けて磨いてもらえたり、パパだとうまく磨くことができても、一番感情をぶつけやすいお母さんにはいつまでもいやいやと抵抗する子もいます。

イヤイヤ期はいつから?

スポンサードリンク

 

1歳7ヶ月~  31.4%
1歳から1歳半 45.7%
1歳未満 8.6%
困ったことはない 11.4%
2歳1ヶ月から2歳半までの間 2.9パーセント

出典:こどもチャレンジぷち2012年5月政策モニターアンケート

イヤイヤ期がはじまる時期は個人差があり、中には感じなかったという人もいますが、合計で約77%の方が1歳代でイヤイヤ期を経験しているようです。

イヤイヤ期で疲れないために

気持ちを受け止める

叱れば叱るほど悪循環になり、どんどん子どもの姿はエスカレートしていきます。「したくなかったんだね」「イヤだったね」とまずは気持ちを受け止めることが大切です。気持ちを受け止め、その中でどうしてもいけないことは、冷静にわかりやすく「いけない」と伝えましょう。

大切なのは、イヤイヤ期はすぐ終わるものではないと心得ておくこと(笑)

数ヶ月~1年で終わりはきますが、今日気持ちを受け止めたから明日からイヤイヤ言わないなんてことはありません(;’∀’)

でも、今どれだけ気持ちを表出できたか、どれだけその気持ちを親に受け止めてもらったかで、その後の子どもの成長に大きくかかわってきます。

私も、保育士でクラスの子どもに対しては冷静に毎回気持ちを受け止めて接することができましたが、親子となるとそうはいきません(笑)

悪循環になるとわかっていながら、気持ちを受け止めきれない日、感情的になる日もあります。

でも、心得ておくだけで、何回かに一回は気持ちを受け止めることができ、それによって子どもの態度も変わってきます。少し気長に子どもの姿を見守るようにしたいですね。

気をそらす

始めのうちは気をそらすことで解決できます。

「あ!いいにおいがしてきた!お片付けしてごはん見にいこっか!」

「あ!鳥さんの鳴き声がした!着替えてお外見に行こっか」など。

だんだんと自己主張が強くなり、こんなことじゃごまかせなくなっていきますが、初めのころはこれで乗り切れます(笑)

自分で選択させる

「片付けしてからハミガキする?それとも、ハミガキしてから片付ける?」というように、子ども自身に問いかけ、自分で決めるように話します。 子どもの年齢や理解力にもよりますが、自分で決めたから納得して行動してくれる子もいます。

乗り切り方

このような行動は、成長している証なので、あまり神経質になりすぎないように接することが一番です。

一生懸命自己主張する子どもの姿を受け止めながら、うまく力を抜いて付き合っていく方がいいですね。子どものこのような主張に100パーセント向き合うのは誰でも大変です。

辛い時は、安全な場所に子どもを置き、少し距離をとって見守るようにすると、少し楽になります。子どもは自由に遊ぶ中で、いろいろなことを自ら試し、考え、成長していくので、ある程度距離をとってそっとしておくのも大切なことです。

また、子どもがぐずってなかなか家事や自分の用事が進まない時は、仕方ないと割り切って諦めたり柔軟に考えて手を抜くことも大切ですね。

イヤイヤ期は誰もが通る道

「自分の育て方が悪いからこんなわがままになった」と言う方もたまにいらっしゃいました。でも、イヤイヤ期は、子どもの大切な成長の過程であって、お家の人の育て方が悪いのではありません。

そう、お母さんお父さん自身も1歳・2歳の頃はこのような姿で親を困らせていたわけです(笑)

もちろん子どもは親を困らせようと思ってわがままを言っているわけではなく、自我が芽生え自分の意思を伝えたいのにうまく言葉で伝えきれずそのギャップで苛立ち、結果親をや保育所の先生を困らせるような行動をとったりします。

さいごに

良い親子関係が築かれ、信頼関係があるからこそ、子どもは安心してこのような態度を取れます。自信を持ってイヤイヤ期を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE【管理人】  1987年生まれ 3姉妹の母