ダンボール家具の絵本棚の耐久性は悪い?子どもが使った体験と口コミまとめ

 

子どものおもちゃや絵本の収納スペースは小さいうちは欠かせないものですよね。

今回は、楽天市場でも人気の段ボールの絵本ラックやおもちゃ箱を実際に使った体験を書きたいと思いますw

 

スポンサードリンク

段ボール収納が人気のわけ

子どものおもちゃの収納スペースはないと困るけど、コンパクトにはおさめたいですよね。さらに、長く使う書籍棚とかならまだしも、子どもが小さいうちだけの、割と一時的なものにすぎません。

そのために、高級なものを買うのももったいないし、処分するときのことも考えますよね。

段ボール収納は、木でできた家具に比べて段ボールなんで格安で購入できますし、組み立ても、ネジやドライバーなど一切不要なので工作なみに簡単

さらにいらなくなったら解体して処分することも簡単にできるので、一時的に収納スペースが欲しい人には人気のグッズになっています。

でも、耐久性や出し入れのしやすさの観点ではどうなのか、実際に1年間つかった感想をまとめます。

実際に使った感想

組み立てはまぁ簡単

子どもの絵本の付録みたいな感じで、ここを折ってここに差し込んで、って感じでつくるので、木でできた家具をドライバーとかを使って部品を繋ぎ合わせて作ることを思うと、それはそれは簡単です。

ただ、わたしは付録制作とかがあまり得意ではないので、そんなダンボール収納ですら「あれ?これどこに差し込むんや。。」「なんか説明図みたいにならへんな。」となかなかてこずりました(笑)

めちゃめちゃ簡単なんでしょうけど、図面を見て組み立てるのが苦手な人は、2~3時間はかかるんじゃないでしょうかw

耐久性は?

結論からいうと、非常に弱いです。

木やプラスチックに比べて紙なので当たり前なんですけど、それにしても少し弱いという印象ですね。

私が使っているのは絵本ラックなので、絵本を10冊~15冊くらいに厳選しておいて、なおかつ出し入れを大人がするなら全然大丈夫なのですが、お気に入りの本が増えてたくさんしまったり、背の低い子どもが出し入れするとどうしても強引にとろうとするので、差し込み口から外れてしまったりして、綺麗な状態を保てなくなります。

【現在画像準備中w】

満足度は?

スポンサードリンク

それでも、価格が安すぎるので十分かなという印象と、組み立てやすさ処分のしやすさなどを考えると、わたしは十分に満足しています。

ただ、しまう絵本がかなり限定されてしまうので、きょうだいが多くて20冊ほどしまいたいとか、子どもがわりと乱暴なタイプで破壊しそう!とかいう場合は、あまりおすすめはできませんね。

わたしたちも今は娘だけなんでなんとか持っていますが、きょうだいができて乱暴に扱われたらおそらく一気に破壊します(笑)

使いごこち

子どもは絵本の背表紙よりも、表紙が見えた方がわかりやすいので、表紙が見えて並べられるタイプの本棚のほうがおすすめです。

この商品は絵本の数とそんなに乱暴な扱いをしなければそこそこ耐久性もありますし、表紙がならんでいて当時1歳の娘でも自分で絵本を選んでもってきていたので、子どもが小さい間は使い心地がよくていいと思います。

さいごに

子どもが小さいうちだけでなく、小学校になっても絵本に親しみ、いろいろな本をためていきたいという方は、思い切って木の絵本棚を買うのもいいと思いますが、小さいうちは表紙が見えるタイプの方が子どもは自分で絵本を選んだりしまったりしやすいです。

でもそのような絵本棚を使うのは小学校にあがるくらいまでの話だと思うので、わたしは、今はとりあえず段ボール収納の方がいいなと思って使っています。

参考になれば幸いです。

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です