保育園選び

保育園と幼稚園と認定こども園の違いは?一番安く預けられるのはどこ?

これから就園されるお子さまをお持ちの保護者の方は、保育園と幼稚園、それに認定こども園と、どこが一番お子さまにとって、また親御さんの負担の面で考えてもよいのかなと疑問に思われることでしょう。

それぞれの違いについて、見学してもいまいちわからない。認定こども園と保育園の違いはもっとわからない!という方も多いと思います。

今回の記事では、保育園と幼稚園、認定こども園の違いと、費用面でどこが一番安く預けられるところはどこなのかについて、ご紹介しています。

スポンサードリンク

保育園と幼稚園、認定こども園の役割的な違い

保育園について

保育園は文字通り、両親が共に働いている場合や、何かしらの事情で保育を必要とするお子さまの保育を行うための場所であり、保育スタイルは園によって、設定保育か自由保育かの差はあるものの、そこまで大きな違いがあるわけではありません。

特に共働きのフルタイムで働く、またはひとり親家庭でお子さまを預けて働くのであれば、長時間預けられる保育園が一番頼りになるのではないかと思われます。

というのも、保育園の多くのお預かり時間は朝7時から夕方5時半~18時ごろまで、延長保育などを利用すると、8時過ぎまでお預かりしてくれる保育園も少なくはありません。

幼稚園について

これに対し、幼稚園は園にいる時間がかなり短めです。

「朝バスで行ったと思ったら、昼には帰ってくる。」

幼稚園ママさんからは、こんな話を耳にすることもよくあります(笑)

確かに、私立幼稚園ではだいぶ減ってきているようですが、公立幼稚園の中には週に1~2回程度はお弁当なしのお昼帰り。

そもそも給食じゃなくてお弁当のところもあります。めちゃめちゃ大変ですよね(笑)

我が子がお昼ぐらいに帰ってきてしまっては、パート先を探すのも大変かもしれません。

保護者の集まりにも積極的に参加が必要で、PTA活動も活発。保育園の保護者よりも園にいく機会が多いのも事実です。

職業柄、あまり園行事には参加できない、というご家庭では、やはり保育園のほうが気軽に預けられると思います。

中には幼稚園でも、預かり保育を利用して働いている方もいらっしゃいますけどね。というか年々増えている印象ですけど、やはり働いていない方や、パートでお昼前後にお仕事を上がれる方の方が多いです。

スポンサードリンク

認定こども園について

幼稚園と同じように、子どもに幼稚園教育を受けさせたいけど、フルタイムで働いているので保育園くらい長く預かってほしい、といったニーズに答えてくれるのが認定こども園です。

認定こども園では、幼稚園のようにカリキュラムに基づいて教育を行ってくれる上、保育所と同じく長時間の預かりや生活面のフォローなどの保育も行ってくれます。

幼稚園に保育園の機能が付属された園、という感じですね^^

ただ、幼稚園と同じようにバス代や制服代、その他の施設維持費などの諸費用もろもろが発生します。

・今は働いていなくても、半年後~1年後には働く予定が決まっている場合
・産休・育休の関係で上の子は3~4歳までおうちで見れたけど、下のお子さんはお仕事の復帰があるため保育園を希望している場合。

このような方も、認定こども園はおすすめです。

さらに、認定こども園は、幼保連携型のもの、幼稚園型のもの、保育所が別館になっているもの、さらに地方裁量型のものの4種類があります。

それぞれの違いについてはまた詳しく記事を更新しますが、まずは通える範囲にどんなこども園があるのか、一度確認してみるといいですね^^

一番安く預けられるのは保育園!?

さて、保育園と幼稚園、認定こども園の違いをざっくりとみてきましたが、ここで気になるのがその費用ですよね。

保育園の場合は前年度の収入(所得税)によって費用が算出されます。

高所得者で、0~2歳の乳児を預ける場合は月10万円程度もかかってしまうものの、所得に応じてその差は大きく、中には月6千円から1万円程度。

生活保護世帯は無料となります。

平均的なサラリーマン家庭で世帯年収500万円程度であれば、保育園にお二人のお子さまをお預けになる場合、月額5万円から6万円かかる計算となります。

一方、幼稚園は保育料だけでいうと私立で月額3万円程度。公立なら月額1万数千円と、保育園のほうが割高に感じるかもしれません。

ただ、これに施設維持費や給食代(お弁当)、諸経費などもろもろが加わります。

保育時間が長いこと、そして施設維持費などの諸経費がそこまでかからないことと、給食費等を考えると、所得によっては保育所のほうが断然割安となるのです。

また、認定こども園も保育園と同じように所得によって保育料が決まるため、月0円から25000円ほどの方もいれば、月10万円くらいかかる方もいます。

費用面だけでいうと、世帯年収によっては、保育園が一番安いということになります。

逆に世帯年収が多い場合は、保育園は割高になるので、幼稚園で預かりを利用する方が安くなる場合がありますね。

だいたいの保育料は市町村の役所に尋ねたら割り出し方を教えてくれるので、気になる場合は一度電話して聞いてみるといいですよ。

ちなみに幼稚園の場合は、3歳(4歳になる年度の4月)からの預かりになるので、お仕事をフルタイムでする方には難しいです。

プレ幼稚園は2歳から預かってくれますが、2歳前のお子さまを預ける場合は、保育園や認定子ども園と同じように“保育を必要とする子ども”となり、保育料も世帯年収に応じてきまります。

そして、年少になる学年から、晴れて入園という形となり、入園金などが発生するという流れですね。

スポンサードリンク

さいごに

結局は“世帯年収による”ということなんですが、費用面以外の面から見ると、もし働きながら預ける場合は、お弁当があったり行事が多かったりする幼稚園は難しいと思います。

保育園の中には教育をしっかり行っているところもありますし、認定子ども園は園によって特色が違います。

どこにするか迷ったら、通える範囲の園に実際に足を運んで見学にいくと、制度だけではない、その園の雰囲気や取り組み、施設の綺麗さなどからも判断できるので、是非見学にいってみてくださいね。

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE【管理人】  1987年生まれ 3姉妹の母