幼稚園と保育園の保育内容や費用の違いは?子どもを入れるならどっち?

幼稚園と保育園は、子どもを受け入れる施設としては同じですが、保育内容や費用、日々の過ごし方は大きく違います。今回は幼稚園と保育園の両方で働いた経験をもとに、それぞれの生活や保育内容のまとめと子どもにとってどちらがいいかについてまとめ&考察しました。

 

スポンサードリンク

幼稚園とは

〇文部科学省が管轄の教育施設で、学校教育法や幼稚園教育要領に基づいて保育されています。

〇教育時間は9時~14時の原則として4時間が教育時間(預かり保育をしている場合はその後も保育を受ける)

〇3歳になった春から小学校入学まで

〇保育料は、私立の場合は設置者が設定。公立の場合は自治体が設定する。

〇給食 任意

保育園とは

〇厚生労働省が管轄の児童福祉施設で、児童福祉法や保育所保育指針に基づいて保育されていて、教育と養護の役割を担っています。

〇受け入れ時間は7時~19時ごろまでで、標準保育時間はその中の8時間。

〇0歳から小学校入学まで

〇保育料は自治体が保護者の所得に応じて算出します。

〇給食 義務

それぞれの違いについて

スポンサードリンク

先生の仕事内容の違いについてはこちらをご覧ください。
幼稚園教諭と保育士の違いは?どちらがいいか迷う場合の決め方は?

受け入れ年齢

保育所は0歳から就学前までのお子さん。幼稚園は4歳になる年の4月から就学前までのお子さんが対象です。職場復帰で、乳児の間に預けたい場合は保育園か、幼稚園の役割を担いながら乳児の預かりもしている認定子ども園を選択することになります。

保育内容

どちらも基本的な保育内容は同じで、子どもが主体となり、遊びを通じてさまざまなことを経験し、その中で探求心や好奇心を育てて成長していきます。

集団生活の中でしか味わえない楽しさや葛藤なども感じ、クラスの中で自己を発揮していけるように保育していきます。

ただ、幼稚園は教材費は保護者から集め、絵本代などは自治体からかなりの金額が支給されるので、環境はかなり充実しています。それに対して保育園は、教材費も自治体からの援助でやりくりし、教育機関ではないために絵本代も幼稚園ほどは支給されません。

なので、教材や環境の良さは圧倒的に幼稚園の方がいいです。教材の豊富さと子どもの育ちが必ずしも関係あるわけではありませんが、「同じ年齢の子どもでも、経験できることってこんなに違うのか。保育所はさせてあげられることが限られているな」と感じました。

費用

幼稚園は公立であれば自治体が、私立であれば経営者保育料を一貫して決めます。保育所は保護者の所得に応じて決まるので、家庭や自治体によってさまざまです。

給食の有無

幼稚園は給食は任意で、保育所は義務となっています。幼稚園でも給食を取り入れているところもあるので、お弁当作りが苦手な場合はそのような園を探すといいですね。

バス登園

幼稚園は徒歩登園か、園によったらバスが走っています。家の近くのバスステーションまで送り迎えすればいいだけなので有難いですね。

保育所は仕事の前後に直接園まで送り迎えします。職場の近くにするか、自宅の近くにするか、祖父母などのフォローしてくれる人の近くを選ぶかが問題です。

その他

保育園はママは働いていることがほとんどなので、お迎えにくるのが17~19時ごろ。なので、すぐに帰って夕飯の支度をする時間帯です。保育園が終わってから公園で遊んだり、ママ友同士で長々とおしゃべりしたりすることはありません。

幼稚園の場合はお昼過ぎ(早ければ午前保育)で終わるので、その後みんなで公園へ行ったり、お友達の家に行き来したりするお付き合いがあります。それを楽しいと思う人はいいですが、ママ友付き合いは苦手だという人は、保育園を選ぶか、幼稚園の延長保育を利用して仕事を続ける方がいいですね

ママ友との付き合いが苦手な場合は?上手な付き合い方について
幼稚園のママ友との付き合いが疲れて大変な時は?上手く断る方法や対策は?

子どもにとってどっちがいいか

働くママにとって

幼稚園は教育機関、保育園は、保育を必要とする子どもが通う児童福祉施設です。保育を必要とする場合というのは、共働き家庭や、母子家庭、病気や家庭環境により家庭での養育が困難な場合などを言います。

その保育を必要とする状況を自治体が判断して、優先順位をつけて保育所への入所が決まります。なので、「週何時間以上働かないといけない」だとか、「パートだと優先順位が低い」だとかいろいろな条件が自治体によってそれぞれあるので、確認するほうがいいです。

正職やフルタイムでお仕事をする場合は、幼稚園だと頻繁なPTA活動や行事への参加が難しく、子どもも「自分のお母さんだけ来ていない」と寂しい思いをする場面も出てくるかと思います。フルで働くのであれば、同じような状況のお子さんの通う保育園にするほうがいいかも知れませんね。

幼稚園でも預かり保育で、保育時間を延長したり、夏休みや冬休みでも預かってくれる園もあります。週に1度だけお弁当であとは給食という幼稚園もあるので、その方が親は朝の家事の負担が少ないので有難いですね。

地域によっては預かり保育に参加している子どもがたくさんいて、働いているママが多い園もあるので、その場合は、自分だけお母さんのお迎えが遅いと寂しい思いをすることは少ないと思います。子どもによっては「自分はみんなよりもたくさん遊べてラッキー」って言っている子もいましたよ

働いていないママ

保育園は両親が働いていることが条件なので、必要条件を満たしていない場合は入れることができません。もう少し長く幼稚園にいてくれないかしらと思う場合は、保育時間が終わったあとの預かり保育を利用したり、体操教室などのおけいこごとに参加したりしてもらうと良いですね。

最終的に決める時期は

ほとんどの幼稚園は9月〜11月頃に願書の配布や受付があり、面接などを経て年内には入園が決まります。保育園も、翌年の4月入園の場合は、10〜11月に入園案内が出され、12月頃までに申請受付があります。自治体によっては、入園の可否が決まるのが1〜2月というところが多いので、万が一落ちたときのために、2~3個見学しておく方がいいです。

年度途中を希望する場合は、あらかじめ待機児童として登録しておくこともできます。

さいごに

幼稚園と保育園のどちらにするかだけでなく、公立と私立、さらには園によっても特色や教育方針が全く違うので、しっかり見学して決めたいですね。

見学のときに見ておくポイントはこちらにまとめているので参考にしてください。
保育園見学の時期や確認するポイントは?先生に何を質問すればいいの?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です