子どもの上手な褒め方がわからない時は?褒めるポイントやコツと例文まとめ

「叱らない子育て」「子どもは褒めて伸ばす」という子育ての仕方が近年話題となっていますね。もちろん、叱るよりも褒める方が親も子どもも気持ちがいいけど、叱らないといけない場面や、どうしても感情的になってしまう日もありますよね。今回は「褒める」ということをテーマに書いていこうと思います。

 

褒める子育ての効果とは

スポンサードリンク

親からたくさん褒められて育った子どもはどのように成長するのでしょうか?

自己肯定感が育つ

自己肯定感とは、「自己を肯定する感覚」で、自分は人から認められている、大切な存在だと感じる心の感覚です。わかりやすく言えば「自信」です。

この自己肯定感が育つと、「自分は大切な存在、価値ある存在だ」と感じ「この世は素晴らしい。楽しい。幸せ」と前向きに物事をとらえるようになります

問題にぶつかった時も自分で乗り越えようとする気持ちが育ち、失敗しても必要以上に落ち込まない傾向にあります。

誰かに間違いを指摘されたとき、自分のミスを素直に認め、相手の意見を聞き入れることができるようになります。

自己肯定感が低い子どもは

失敗したときに必要以上に落ち込んだり、自分はダメな人間だと感じる傾向にあります。また、「絶対にミスはダメだ」と完璧主義になったり、間違いを指摘されても素直に聞き入れられず、逆切れ(拒否反応)をする場合もあります。

物事を悲観的にとらえるようになり、もしかして嫌われているのでは?という疑いや不安な気持ちでいっぱいになります。

褒められると脳では何が起こる?

《ドーパミンの分泌》
幸せや快感を覚えたときに出る脳内物質です。本能が満たされたり、成功体験を得たり、ママとの時間を幸せだと感じていれば分泌されます。

《セロトニンの分泌》
安心してリラックスしているときに出る脳内物質です。セロトニンは、愛情によってはぐくまれると言われており、子どもが親とコミュニケーションを十分にとり、安らぎを与えていると分泌されます。

褒め方のコツ

その瞬間に褒める

子どもはその一瞬一瞬を生きているので、数分前のことを褒められてもいまいち定着しません。子どもが「できた!」を感じているその瞬間を逃さずに褒めるのがコツです。そうすることで、少しずつ子どもの中にインプットされていきます。

具体的に褒める

表面上の言葉「すごいね」「上手だね」だけではなくて、具体的に「何が出来て偉かったのか」ということを伝えましょう。

また、上手や下手などの評価ではなく、子ども存在そのものを認める言葉がけが子どもには必要です。その子らしい表現や性格、存在、ありのままを認めるだけでも、子どもは愛されていることを感じ、自己肯定感が育まれていきます。

ありのままを認める

よく懇談などでも、「うちの子は褒めるところがない!」という声を聞きます。行動は確かにやんちゃで叱りたくなるところばかりが目につくこともあると思いますが、そんなときはその子のありのままの姿を認めてあげるようにしましょう。

具体的には、「いい声しているね」「小さくて可愛い手だね」「髪の毛綺麗だね」「笑った顔が可愛いね」などです。さらに、抱きしめたり、手を握ったり、ふれあいながら伝えてあげることで、子どもは安らぎを感じ、親との信頼関係がより育まれ、不思議と少しずつ問題となる行動をしなくなっていきます。

結果ではなく、過程を認める

結果を評価されることに慣れてしまうと、完璧主義になったり、失敗すると思ったら挑戦することを諦めたりするようになってしまいます。

結果ではなくて過程を認めることで、親が自分の頑張りを認めてくれていると感じることができ、自信をもって新しいことにもチャレンジできるようになります。

子どもに共感する

子どもの気持ちに寄り添い、共感する言葉をかけることで、自分の味方だと感じ、信頼関係が育まれます。

一緒に遊んだり感じたりしながら、「楽しいね」「もっと遊びたいね」「冷たいね」「いい香りだね」と言葉で伝え合うようにするといいですね。

子どもをコントロールしようとしない

スポンサードリンク

「上手にできたね!もっとできるかな?」と、褒めることによってあれもこれも望みすぎるのは良くないです。子どもも褒められたいがために、ありのままの自分を出せなくなったり、しんどい思いをさせてしまうこともあります。

褒めることでやる気にさせるという意味ではいいのですが、やりすぎには気を付けた方がいいですね

一環して褒める

「親の機嫌のいいときだけ褒める」ではなくて、なるべく良い行いをした時は一貫して褒めるように心がけましょう。

褒め方の例文

お絵かきのシーン

・とっても楽しそうにお絵かきしているね!
・いろんな色を使っていて綺麗な絵だね!
・お友達の顔いっぱいかけたね!みんなのお顔、にっこり笑っていて可愛いね!

お絵かきや制作のときにありがちな誉め言葉「上手だね」。

「上手上手ー!!」って言ってもらえると嬉しいのでいいんですが、何度も何度もいいすぎると、子どもは「上手にかかなくちゃ」と思うようになってしまいます。ただただ描くことが楽しかったのに、だんだんと上手って言われる手段になってしまう可能性もあります。

例文のように、上手」以外の表現も使いながら、なるべく具体的に褒めるのがコツです。

片付けのシーン

・もっと遊びたかったのに片付けできて偉かったね!
・重いのに運んでくれてありがとう!
・元の場所に片付けられたね!〇〇ちゃんのおかげでお部屋が綺麗になったね!

友だちとのやりとりのシーン

・お友達に貸してって言えて偉かったね。
・お友達と一緒に遊ぶの楽しいね!
・おもちゃ貸してあげることができて優しいね!

叱ったあとに褒める

・ご飯中にうろうろしている場合
「ご飯中は座って食べようね」→「ちゃんと座れたね!偉い!」→「お!まだ座って食べてる!こぼさずに食べられるから座っていた方がいいよね」

ついつい「ウロウロしない!」「立ち歩かない!」「行儀が悪い!」と言ってしまいますよね。でも、具体的にどうしたらいいのかがわからないので、同じ行為を繰り返してしまいます。

「ご飯中は座ります」

これを伝えるだけでいいんです。そして、すぐに守れたときにはすかさず褒めましょう。そして、「こぼさずに食べられるから座っていた方がいいね」など、なんで座るのかということも伝えられたら、子どもはだんだんと叱らなくても守るようになっていきます。

ただ、一度言ってすぐに身につかないのが子どもなので、そこは広い心で何度も伝えてあげましょう(笑)

これが大切!何気ないシーン

・〇〇ちゃんは可愛いね
・大好きだよ
・(何かをしてもらったら笑顔で)ありがとう

完璧主義でなくていい

「褒める」とひとくくりに言っても、褒め方によって子どもの姿が大きく変わることを感じます。また、親子であればつい感情的になることもあるし、親も人間ですから、そんな時もあって当然です!

それこそ完璧主義に考えず、叱ってばっかりだと思ったら、「5回に1回は子どもの良いところを見つけて褒めることができた!」くらいのペースで、褒めてあげてください^^

さいごに

少し意識しているだけでも、子どもの心には大きく伝わります。上手く褒められなくても、自分にとってかけがえのない大切な存在だということを何かの機会に伝えながら、ありのままの存在を認めて、良い関係を築いていきたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

UTANE

UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。