ボツリヌス菌ははちみつ以外にも含まれる?1歳以上の子どもや大人が摂取するとどうなる?

1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないという話を聞いたことがありますか?はちみつの中に含まれる「ボツリヌス菌」という菌が原因で、乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があり、特に1歳未満の赤ちゃんは免疫力が弱いために引き起こしやすいと言われています。

今回はボツリヌス菌の症状や潜伏期間と、他の食材にも含まれているのかどうかについてまとめました。

 

スポンサードリンク

ボツリヌス菌とは

ボツリヌス菌は土壌や海、湖、川などの泥砂中に分布している嫌気性菌で、熱に強い芽胞を形成します。ボツリヌス菌の芽胞は、低酸素状態に置かれると発芽・増殖が起こり、毒素が産生されます。

この毒素は、現在知られている自然界の毒素の中では最強の毒力があるといわれ、A~Gまでの型に分類されています。

ボツリヌス菌は熱に強い芽胞を作るため、120℃4分間(あるいは100℃6時間)以上の加熱をしなければ完全に死滅しません。

引用:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/boturinu.html

ボツリヌス症とは

ボツリヌス症は、食品中でボツリヌス菌が増えたときに産生されたボツリヌス毒素を、食べ物を食べるたときに摂取してしまうことによるボツリヌス食中毒と、芽胞が原因消化器官が未熟な乳児に発生する乳児ボツリヌス症等に分類されます。

乳児ボツリヌス症とは

ボツリヌス菌の「芽胞(がほう)」と呼ばれる菌の種のようなものを、食品を通して体内に入れることで重症化する感染症です。1歳未満の赤ちゃんは消化器官が未熟で、腸内環境も十分に整っていないので、ボツリヌス菌の芽胞でも腸内で発育・増殖してしまい、ボツリヌス症が引き起こされます。

症状とは

便秘、活気がなくて全身が脱力している、母乳やミルクをあまり飲まない、泣き声が弱いなどの症状が現れます。

さらによだれが多く出たり、首のすわりが悪くなる脱力が進み、眼球運動の麻痺、無呼吸などの症状がでてきます。

潜伏期間は

腸管内で毒素が生成されるまで、潜伏期間が3~30日と長いのが特徴です。

1歳以上の子どもや大人が摂取しても大丈夫?

ボツリヌス菌は、大人が摂取しても激しい食中毒症状を引き起こす怖い菌です。ただ、このような食中毒の症状を引き起こすのは、すでに発育・増殖した菌によるものなので、乳児ボツリヌス症とは区別されて診断されます。

乳児ボツリヌス症の原因となる芽胞は毒素が生成されるまで3日以上かかると言われていることから、消化機能が発達している大人が食べても害があるわけではありません。

1歳~1歳半の離乳食完了期にあたる赤ちゃんはできれば控えた方がいいと記述されている本が多いですが、小児科のサイトには、1歳を越えると、正常な大腸細菌叢が形成され、発症しなくなると書かれています。

ただ、年齢が1歳に達しているとは言え、お子さんの発育状況にもよるとは思うので、気になる場合は、控える方がいいですね。

妹尾小児科さんのHPにも1歳未満の赤ちゃんがはちみつをたべてはいけない理由がかかれているので参考にしてください。
http://senoopc.jp/disease/botulinus.html

ボツリヌス菌が多く含まれる食材

スポンサードリンク

有名なものがはちみつです。乳児ボツリヌス症の原因食品とされていて、1987年10月、1歳未満の乳児には蜂蜜を与えないようにと当時の厚生省が通知を出しています。

はちみつ以外にも含まれる?

原因食品のほとんどがはちみつだそうですが、魚の発酵食品いずしによる食中毒も注意が必要だとされています。ビン詰、 缶詰、容器包装詰め食品、保存食品を原因として食中毒が発生しています。特に瓶詰は自家製のものでの食中毒が多く発表されているそうなので、注意が必要ですね。

知らない人が多いのが事実

実際に「1歳未満の赤ちゃんにははちみつを上げてはいけない」という情報ってどのくらい浸透しているのでしょうか?私自身、子どもを授かって、離乳食を始める5~6月ごろに、母子手帳を自分で見直したり、離乳食に関する本を読んだことで初めて知りました。

おそらく育児の経験が少ない男性を始め、女性でも知らない人もいると思います。

実際はちみつを購入して注意書きを見てみると、「1歳未満の乳児には与えないでください」との注意喚起が表示されていますが、小さい字でかかれた注意書きは、見ない人の方が多いと思います。

最悪の場合死に至ってしまう乳児ボツリヌス症。こんなに怖い病気なら、産婦人科や小児科、妊娠中の母親学級などで全員の印象に強く残るように声を大にして伝えて欲しいですね。

さいごに

ボツリヌス菌は自然界に存在する菌の中では最強の毒素だと言われています。大人が摂取しても食中毒を引き起こす怖い菌。保存の仕方に気を付け、離乳食を作る際には注意事項をよく読んでから安全に食事をつくるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

UTANE

UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。