子どもの花粉症の対策とは?幼稚園や保育園で気を付けることって?

子どもの花粉症率は年々増えており、数年前から子どもの花粉症対策の眼鏡やマスクなどがお店に並ぶようになりました。今ではデザイン性の高いものや、機能性に優れた商品があり、それだけ子どもの花粉症が増えていることを実感します。今回は子どもが花粉症になった場合の対策と、幼稚園や保育園で気を付けてもらうこと、そして担任として花粉症の子どもを預かる際に気をつけることについてまとめました。

スポンサードリンク

子どもが花粉症になったら

何科を受診すればいい?

ドラッグストアにいけば、鼻づまりや鼻水を抑える点鼻薬や、目のかゆみや充血を抑える目薬などを手に入れることはできます。病院が休みでとりあえず薬が欲しい!という場合はドラッグストアの薬剤師さんに相談してお子さんにあった薬を取り急ぎ購入するといいと思います。

しかし、病院にいくと、より丁寧に診察して薬を処方してくれるだけでなく、病院にある鼻洗浄(鼻づまりがすっきりします)をしてくれたり、病院の機械を使ってお薬を鼻や喉の奥まで届けたりいろいろな処置をしてくれます。

病院の選択肢としては、耳鼻科、小児科、アレルギー科ですね。

耳鼻科で風邪薬も出してくれますし、専用の鼻洗浄や花粉や鼻炎の処置など、丁寧に診察して見てくれるので、私は耳鼻科をおすすめします。ただ、耳鼻科の先生にもよりますし、ご自宅から近い病院や評判のいい病院などで探して受診してくださいね。

血液検査をすれば、どの花粉に反応しているのかもわかります。

花粉症かな?と思ったら、一度は受診することをおすすめします。万が一悪化した場合も、早くから病因へかかっておけば、病院側も対処しやすいので、早めに受診するようにしましょう。

あると便利な花粉症対策グッズは?

・花粉症用のメガネ
レンズの周りにフレームがあり、それが顔にフィットするようになっています。隙間があると、そこから花粉が入ってきてしまうので、試着して顔にぴったりとフィットするものを選びましょう。

・マスク
子どもにとってマスクは息苦しくて遊びにくくなるのでつけたくないもの。子どもが嫌がらないようにキャラクターの印字されたマスク、耳の部分が痛くならないように工夫されたマスクなどを選びましょう。

・空気清浄機
家の中では症状が抑えられるように、環境を整えてあげましょう。

悪化すると合併症になることも

副鼻腔炎や中耳炎になることもあります。副鼻腔炎は鼻に膿がたまり、かんでも鼻水はでませんが、ずっと鼻づまりの症状が続きます。ひどい場合は切開をして膿を出さなければなりません。

中耳炎は耳に膿がたまることで、これも処置が遅れると難聴になる可能性もあります。

家族で気を付けられること

・花粉を室内にもちこまないこと

家に入る前にコートや上着などの一番外側の服を脱いで花粉払ってから入るようにしましょう。花粉症のひどい人は、人が帰ってくるたびにくしゃみがとまらなくなり、目や喉がかゆくてたまらなくなります。まずは帰宅時に細心の注意を払いましょう。

・洗濯物は乾燥機にかけて乾かす
外に干すことで花粉が衣服についてしまいます。タオルも含めて花粉症の子どもの肌に触れるものは乾燥機にかけるか、室内で乾かすようにしましょう。

他の家族は外に干しても構わないですが、取り入れる時は、一枚一枚、花粉を払い落としてから部屋へ入れるようにしましょう。

・換気は最小限に
窓をあけていると、外から花粉が入ってくるので、換気は最小限にします。部屋の掃除もこまめにすることで、室内では少しでも症状が抑えられることができます。

・家族間で協力する
これらのことを、家族全員が心がけてあげることが大切です。全員で共通理解をし、家の中に徹底的に花粉を入れさせないように工夫しましょう。

・担任の先生に伝える
外で遊ぶ機会の多い幼稚園や学校では、可哀相ですが花粉症の症状がかなり出てきてしまいます。そのため、園で気を付けてほしいことは、細かく伝えてください。薬がある場合は、どのように飲ませるのかをきちんと伝えて持たせましょう。

私が担任していた時も、ひどい花粉症の子がいました。本当に可哀相でしたが、外で遊ばないというわけにもいかないので、保護者の方と相談しながらできる限りの配慮はさせてもらいました。

スポンサードリンク

幼稚園や保育園の先生にできること

保護者の方と相談して、どのように配慮していくか一緒に決める

これが一番大切です。
先生は必ず保護者の方と相談しましょう。

私が担任していた子は、一番ピークの時は眼鏡とマスクが手放せないくらい症状がひどくて、目もはれぼったくて可哀相でした。なので、本当に花粉が飛んでいてひどい日は、室内で遊ぶように声をかけることにしていました。

このような場合でも、保護者と相談していなければ、「うちの子だけ外で遊ばせてもらえなかった」と誤解を生みかねません。保護者の希望や気持ちも加味して、一緒にその子が心地よく過ごせるように考えましょう。

さいごに

花粉症の人が一気に増えるのは3~4月ごろのスギ花粉の飛散する季節。でも花粉は一年中とんでいて、冬でもその症状に悩まされている人はいます。大人の方もお子さんも、とにかく早めに病院を受診することをおすすめします。処方されたのが自分にあっていれば2~3日で良くなります。少しでも症状を和らげて、家には花粉を持ち込まないように気を付けて過ごしたいですね^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です