建国記念の日を子どもにわかりやすく説明!イギリスは建国記念日がない?

2月11日は国民の祝日、建国記念の日です。この日はどうして作られたかご存じですか?どんな祝日なのかや、子ども達に聞かれたときの答え方についてまとめました。

 

スポンサードリンク

幼稚園や保育園での伝え方

先生  「2月11日は、建国記念の日という日で、幼稚園はおやすみです」

子ども  「建国記念の日ってなあに?」

先生  「建国記念の日は、日本が出来たことをお祝いする日だよ。日本ができた日ではなくてお祝いする日だよ。」

子ども  「日本が出来たのはいつなの?」

先生  「出来た日は、昔むかしすぎて、誰にもわからないだって。だから、あとから2月11日を日本のお誕生日にしてみんなでお祝いしましょうって決めたんだね。」

子ども  「日本のお誕生日なんだね」

先生  「そうだよ。だからみんなでおめでとう。ありがとう。の気持ちで過ごしたいね」

建国記念の日とは

1966年(昭和41年)に制定された、国民の祝日のひとつ。日本の建国を祝う日。国民の祝日に関する法律の大2条では、

かつては、日本で最初の天皇といわれる神武天皇の即位した日が新暦でこの日にあたることからこの日付になりました。

国民の祝日に関する法律第2条では、建国記念日の趣旨について、「建国をしのび、国を愛する心を養う」と規定しています。

建国記念日ではなくて建国記念の日

建国記念日だと、日本が出来た日だと思ってしまいます。建国された日ではなくて、建国を祝う日なので、建国記念の日と名付けられたんですね。たった一文字があるかないかで意味合いが変わってきますね。

 

スポンサードリンク

世界の建国記念日は?

独立記念日や革命記念日と呼ぶところもあります。

・アメリカ 独立記念日 7月4日

・中華人民共和国 国慶節 10月1日

・ドイツ ドイツ統一の日 10月3日

・フランス パリ祭 7月14日

・ロシア 主権宣言記念日 6月12日

・メキシコ 独立記念日 9月16日

・ブラジル 独立記念日 9月7日

・カナダ カナダの日 7月1日

・イギリス なし
4カ国にはそれぞれ守護聖人の記念日がありますが、建国を記念する日ではありません。
England 聖ジョージ日 4月23日(祝日ではない)
Scotland 聖アンドリュー日 11月30日(スコットランドでは祝日)
Wales 聖デヴィット日 3月1日(祝日ではない)
Northern Ireland 聖パトリック日 3月17日 (北アイルランドでは祝日)

となっています。

さいごに

日本に住んでいて、何気なく過ごしている国民の祝日。詳しい意味まで知らない方もいると思います。子ども達にわかりやすく伝えるためにも、是非参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です