コウノドリの2に小栗旬はゲスト出演するのか?前回の役どころとストーリーの振り返り!

前作のコウノドリにゲスト出演されていた、小栗旬さん。

10月からスタートする続編でもまた出演してくれるのでしょうか?

今回は、小栗旬さんのゲスト出演情報と、前回ではどんな役で、どんなストーリーに登場していたのかをおさらいしましょう!

スポンサードリンク

小栗旬は続編にも出る?

残念ながら今の所ゲスト出演の情報はないんですね。

ただ、ゲスト出演の情報は直近の分しか開示されておらず、今後ストーリーが進むにつれて更新されていくようです。

コウノドリ続編に清野ななが出演しない理由は?麻生理佐子役の女優は誰?

なので、ドラマの中盤から後半にかけてのどこかで登場する可能性は大いにありです。

というか、前回のドラマを見ていましたが、これで今回出演しない方が違和感ある・・といった役どころなんですね。

ここで小栗旬さんの出演された回をおさらいしてみます。

コウノドリで小栗旬が登場しているのはどんなストーリー?

前作のコウノドリで小栗旬が登場したストーリーは、どんなストーリーだったのでしょうか?

前作を見て感動したかたも、見ていなくて興味津々の方も是非ご覧くださいw

コウノドリ2話目

産婦人科医として働く鴻鳥サクラは、四宮春樹や、新米の産婦人科医の下屋加江、新生児科医の今橋貴之、白川領、助産師長の小松留美子とともに、周産期母子医療センターの合同カンファレンスに出席していました。

そこへ、救命救急医の加瀬宏が飛び込んできます。

救急車で運ばれてくるのは、交通事故にあってしまった臨月の妊婦さん。

運ばれてきた川村ゆきえさん演じる妊婦、永井晴美は、交通事故による頭部のケガが重傷で意識不明で運ばれてきます。

この時点で、幸いお腹の中の胎児の心音に異常はみあたりません。

主人公のサクラは、赤ちゃんが元気なうちに帝王切開にしようと提案しますが、患者の命を救うことが一番大切と信じている救命救急の加瀬に反対されます。

重症の妊婦さんに緊急帝王切開をすると、母親の命が危険だと考えたからですね。

そこへ晴美の夫である、小栗旬演じる浩之が職場から駆けつけてきます。

「お腹の子は!?」

と心配する浩之に、お腹の赤ちゃんは元気だと伝えるサクラ。

ただ、母体が危険な状況を救命救急の加瀬から説明を受けるものの、あまりに突然のことで理解ができず半分パニックになる浩之。ICUでたくさんの装置をつけている自分の妻の姿を見て呆然とします。

「お母さんはこんな大変な状態でも、胎盤を通して赤ちゃんに酸素や栄養を送り続けているんです。奥さんも赤ちゃんもよくがんばっています。ただ、容体はいつ急変するかわかりません。」と説明を始めるサクラ。

そして、「永井さんはその場合どちらを優先しますか?この出産は奥さんの命にかかわります。だからいざというときにどちらを選ぶのか決めて頂きたいんです。」と重い選択を迫ります。

スポンサードリンク

浩之はどうすればいいのかわからず、決断ができずにいました。

決断に至ったポイントは二つありました。

サクラから、「奥さんは頭にひどいケガを負ったのに、お腹の赤ちゃんも胎盤も無傷でした。おそらくとっさにお腹をかばったんだと思います。」と、本能的には自分の頭をかばうのにとっさにお腹をかばったこと。

そして、妊娠がわかったとき、「本当にあるんだね。自分の命よりも大切なものって。やっぱりあるんだよ。この愛しさは愛だね。」と笑顔で話す晴美の動画を改めてみたこと。

涙ながらに「赤ちゃんを助けてください!晴美の望みをかなえてやってください!」とサクラに懇願する演技は涙なしには見られない迫力のあるシーンでした。

結果、赤ちゃんは無事に産まれましたが、晴美は息を引き取りました。

その後浩之はシングルファーザーとして娘の芽衣ちゃんを育てていきます。

6話目

ある夜、主人公鴻鳥サクラのもとへ「先生!芽依の容体が!」とかけつける浩之。

浩之が保育園から芽依を連れて職場に戻り、仕事に熱中しているうちに赤ちゃんの様子がおかしくなったと言うわけなのですね。

「晴美ならすぐ芽依の異変にもきづいただろうに」と、仕事と子育ての両立の難しさと、妻がいない中で育てる不安についてサクラに吐露しました。

「夜中にかけつけてくるお母さんは大勢います。みんな一緒です」とサクラが励ましていました。

最終話

シングルファーザーで奮闘中の永井浩之は、赤ちゃんの検診でまたペルソナ病院にやってきたときに、仕事に集中しなくてはいけないから、赤ちゃんを田舎の両親に預けようと思っているとのことでした。

お母さんの命日が、娘の誕生日、というのをどこかのタイミングで伝えなくてはならないという浩之に、サクラが「実は僕も同じなんです」と話しいていました。

スポンサードリンク

さいごに

主人公のサクラの生い立ちを語る上でも重要な役柄だった小栗旬さん演じる浩之。

また、今回のテーマが、幸せな出産のあとに待ち構えている育児という現実にもスポットをあてているということなので、シングルファーザーとして奮闘しているその後がきっと描かれることだと思います。

 

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です