コウノドリでベイビーのピアノ演奏の時に現れるマネージャーは誰?

コウノドリの印象的なシーンのひとつが、綾野剛さん演じる主人公のサクラが、BABYという名前でピアニストとして活動しているピアノシーン。

そして、そのシーンでよく登場する男性について「誰?」「俳優さん?」と疑問に思った方も少なくないと思います。

ここでは、この男性が何者なのかについてご紹介いたします。

スポンサードリンク

男性の正体は有名ピアニスト

この男性。

俳優ではなく、“有名なプロのピアニスト”なんです。

サクラが弾いている曲の作曲も手掛け、自身もピアニストとして活動している男性の名は清塚信也さん。

それでは清塚さんについてご紹介していきます。

綾野剛はコウノドリで本当にピアノを弾いているの?
TBSでも公式に認められていますが、実はピアノの演奏シーン、ほとんど綾野剛さんが自身で弾いています。

指導者は、他ならぬ清塚信也さん。

綾野剛さんは、撮影の1年前くらいから清塚さんについてピアノの習得に励んでいたのだそうです。ほとんどが綾野さん、とういうことで、清塚信也さんの吹き替え演奏の部分もあるようですが、指が映って演奏している場面を見ても、素人とは思えない指使いです。

1年間練習したとしても、あそこまで・・と正直驚きますね。

清塚信也さんのプロフィール

スポンサードリンク

・生年月日:1982.11.13
・血液型:B型
・出身:東京都

ピアニストになるまでの経緯

5歳からクラシックピアノの英才教育を受け、有名ピアニストの中村紘子さんや、加藤伸佳さん、セルゲイ・ドレンスキーさんに師事されていたそうです。

桐朋女子高等学校の驚愕の音楽科を首席で卒業し、ロシアのモスクワ音楽院に留学されたそうです。

1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位
2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位
2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞
2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位

と、素晴らしい経歴をもった有名ピアニスト。

以前テレビでピアノを演奏しているのを見かけましたが、高速弾きが得意だそうで、とてつもなく早い指の動きで、とてもきれいな音を奏でていました。

同じ番組で天才少女ピアニストが演奏していましたが、「彼女の年齢(手の大きさ)でこの曲を弾くのはすごく難しいのに、綺麗に弾きこなしていて素晴らしい」と褒めるシーンもありました。

コウノドリの音楽監修

「コウノドリ」で人の心を震わすピアノテーマの楽曲を提供、監修、さらにコウノドリの音楽を担当している清塚信也さん。

さらにドラマに出てくるライブハウス「 Live Spot Blues Alley」のマネージャー、滝健太郎役で出演されています。

過去の吹き替え作品は?

コウノドリ以外にもドラマ「のだめカンタービレ」で玉木宏さん演じる千秋真一の吹き替え演奏。映画「神童」で松山ケンイチさん演じる「ワオ」の吹き替え演奏など、多数のドラマや映画の吹き替え演奏や楽曲提供、音楽監修をされているそうです。

大人気の清塚さんの楽曲

清塚信也さん提供のコウノドリのピアノ曲は、誰が聞いても感動する曲だと思います。

itunesのクラシック部門でも、「Baby,God Bless You」が第1位。

「Brightness」が第2位。

「Minor Heart」は第3位にランクインされていたこともあります。

また、AmazonのCD クラッシク部門で、「Baby,God Bless You」、「Brightness」、「Minor Heart」が収録されている「あなたのためのサウンドトラック」が売り上げナンバー1になっていたこともありましたね。

クラシックが好きな方で「コウノドリ」のドラマを見たことのない方も絶賛のようです。

スポンサードリンク

清塚信也さんの主な作品

・For Tomorrow(2017年10月18日)
・KIYOZUKA(2016年12月7日)
・あなたのためのサウンドトラック(2015年11月4日)
・KIYOZUKA☆LAND キヨヅカ☆ランド(2014年9月3日)
・THE LIVE(2014年2月5日)
・Charge Up(2012年7月25日)
・ぐっすり眠れるピアノ(2012年5月26日)
・中島美嘉「STAR」(2010年10月27日)
・帝国ホテルのクラシック(2010年10月27日)
・夜のショパン(2010年9月8日)
・映画「神童」オリジナル・サウンドトラック(2010年5月26日)
・NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2(2010年5月26日)
・Autumn Special Night 2010 @ Ginza YAMAHA HALL(2010年2月14日)
・ラプソディ・イン・ブルー(2009年9月9日)
・フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 08-09(2008年12月10日)
・清塚信也 Plays 天国はまだ遠く [composed by 渡辺俊幸](2008年10月29日)
・Happy Running! / ハッピー・ランニング!(2008年9月24日)
・フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 06-08(2008年3月5日)
・熱情~Appassionata~(2007年12月5日)
・Qualia(2007年3月21日)
・Romantic crime -the other side of classic music-(2007年2月7日)
・「のだめオーケストラ」LIVE!(2006年11月15日)

さいごに

清塚さんのピアニストとしての活躍だけでなく、今後はドラマでの活躍も注目ですね。

それでは今回は清塚さんのご紹介でした!

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です