コウノドリ2の第2話に出演している久保佐和子役は誰?前回も出演していたって本当?

コウノドリ2の第1話が放送され、2年前と変わらないサクラの優しさや命と向き合う姿勢に感動をよんでいますね。

コウノドリでは、毎回妊婦役としてゲスト出演があることが話題ですが、今回は第2話に出演する予定の、久保佐和子役の女優さんについ手ご紹介します。

スポンサードリンク

久保佐和子ってどんな役柄?

久保佐和子役を演じているのは、今注目の女優、土村 芳(つちむら かほ)さんです。

コウノドリ2の中ではサクラに子宮頚部腺ガンと診断された妊娠19週の妊婦さんの役で出演されています。

自分の状況にもめげずに気丈に頑張り、佐和子の夫と共にウェディングプランナーとして働き続けます。

若いためか佐和子のがんの進行は早く、赤ちゃんはなるべくお腹で育てなくてはならないけれども、どこまでがんの治療を待つのか…、赤ちゃんをどこまでお腹で成長させることができるのか、かなり厳しい決断を迫られることになるのです。

治療には子宮の全摘出が必要だとわかり、今回の赤ちゃんを産むことを決意。産まれた命が無事に育つかどうか、注目です。

前回も出演していた?

彼女の経歴を見てみると、ドラマや舞台などで数々の主役を演じ、去年2016年にはNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にて村田君枝役として出演しています。

そんな中で、“2015年ドラマ「コウノドリ」にて明美役”とあるではありませんか!

あれ?前回も出演してたっけ?
と思いながら見返してみると、第5話にそれらしい人物が出てきましたw

第5話で取り上げられたテーマが、親の養育が受けられない子どもと、子どもが欲しくても授からない夫婦をつなぐ、特別養子縁組で、そのスタッフの一人のほぼエキストラとして出演されています。

土村さんはほぼエキストラでの出演でしたが、第5話の反響が良かったため、経歴として載せられているようですね。
第5話のあらすじは下にまとめていますので、興味のある方はご覧ください。

土村 芳さんについて

スポンサードリンク

ここではテレビのみならず、映画、舞台でも活躍されている土村芳さんという女優さんにスポットを当ててみましょう!

土村芳(つちむら かほ)さんプロフィール

生年月日:1990年12月11日生まれ
年齢:26歳(2017年10月現在)
事務所:ヒラタオフィス所属
出身地:岩手県
身長:160cm
靴のサイズ:23.5cm
特技:新体操(インターハイ出場経験あり)

3歳から、子ども劇団「盛岡子供劇団CATSきゃあ」に所属していた子役からの女優さんです。

劇団が解散されたため、しばらく演劇とは無縁の生活を送っていたそうです。

小学2年から高校生までは、新体操に没頭されていたようですが、大学進学を機に女優を目指すことにしたため、京都造形芸術大学映画学科俳優コースに入学することになったそうです。

大学在学中にはすでに劇団に所属し、主に舞台や自主製作映画に出演、映画製作にもトライされていたそうです。

大学卒業後の2013年4月からは、事務所(ヒラタオフィス)に所属。

2016年NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で、主人公の親友役を演じ、その演技力の高さで一気に注目が集まりました。これからもどんな演技を見せてくれるのか、楽しみですね。

第5話のあらすじ

土村さんはあまり出てきませんが、感動の第5話をざっとまとめましたので、興味のある方はご覧くださいw

中学2年生の少女・吉沢玲奈(山口まゆ)が、母親の昌美(中島ひろ子)に連れられて鴻鳥サクラ(綾野剛)の診察を受けにきた。

玲奈は妊娠8ヶ月。すでに堕胎できない状況の玲奈にサクラは、若い年齢での出産について丁寧に説明しているが、お腹に宿った命をエコーでみても「CGみたい」と言ったり、自分が母親になるという覚悟もなければ、新しい命が宿っている自覚すらない様子。

お腹の子の父親・元倉亮(望月歩)も同級生で、当事者二人がまだ中学生のため、今後のことを両家の親が話し合ったというが、亮の父親が「子どもが子どもを育てられない」と出産を否定。

サクラ自身、自分を出産したときに母親が亡くなり、児童養護施設で育った経験を玲奈に話し、いろいろあったけどたくさんの人に愛情を注いでもらって幸せだったことを伝える。

そして悩んだ末、玲奈は、お腹の子どもを養子に出すことを決意。

「その方がきっと幸せになれるから。赤ちゃんの幸せが一番だから」と、徐々に芽生えた母性で、お腹に宿った愛しい命の幸せを願い決断する。

出産はもちろん壮絶。命がけで出産しても、そのあとに我が子を抱きしめることができるから乗り越えられるし、徐々に忘れていくもの。

玲奈が命がけで産んだ赤ちゃんは、玲奈に抱かれることなく横の部屋で待機していた里親の元へ移動。

玲奈は壮絶な出産のあとに我が子を抱くこともできなかった。そして、自分の無力さだけを感じ、ただただ廊下で泣き崩れる彼氏・亮(お腹の赤ちゃんの父)。

産まれた我が子に別れを告げようとする人がいる
自分の無力さをかみしめる人がいる
そして血のつながらない赤ちゃんを、我が子として育てたい人がいる

誰もがただ一つ 同じことを願っている
誕生した赤ちゃんが健やかであるように
ずっと幸せでありますようにと。
サクラ

スポンサードリンク

さいごに

第2話のゲスト土村さんと、前作の紹介でした。

コウノドリは毎回いろいろなテーマが取り上げられ、その度に妊婦役としてゲストが登場します。

今後どんなゲストが出演するのかも見どころのひとつですねw

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です