いろいろ

赤ちゃんの沐浴で準備する物と方法は?泣くときの対処やコツも

出産という大イベントを終えると、休む間もなく始まる育児。その中でも難しいのが沐浴(もくよく)です。今回は、沐浴のやり方や準備物についてまとめました。

 

スポンサードリンク

準備するもの

ベビーバス
温度計
ベビー石鹸(肌に合うのであれば、泡で出てくるタイプが便利)
ガーゼ2枚
持ち手付き桶
バスタオル
へその緒消毒セット
麺棒
おむつ
着替え

お風呂に入れる時間は?

授乳から1時間程度時間をおいてから沐浴させるのが理想です。(赤ちゃんがミルクや母乳を吐き戻す可能性があるため)

赤ちゃんはすぐにのぼせてしますので、10分程度で終わるようにしましょう。また、なるべく毎日同じ時間にいれるようにします。毎日同じ生活リズムで過ごすことで、だんだん睡眠時間などが一定するようになります。

どこで沐浴するのがいい?

シンクにベビーバスを置くスペースがあるのなら、キッチンで沐浴することをおすすめします。お風呂場でも出来ますが、産後のママの体にとって10分程度しゃがむ姿勢は足腰にかなり負担がかかります。

キッチンだと立ったまま沐浴でき、お湯をためたり流したりするのもスムーズなのでおすすめです。

どんなベビーバスがおすすめ?

空気をいれてふくらますタイプのものがおすすめです。プラスチックタイプのものは、安定感があっていいのですが、折りたためないというデメリットがあります。空気をいれるタイプのものは、使わなくなったら空気をぬいてしまっておけるので、持ち運びにも収納の際にも便利です。

シンクにはめこむタイプのベビーバスは、シンクがそこそこ大きくないと入らないのでサイズには注意してくださいね。

スポンサードリンク

沐浴の準備

〇着替えの支度をする

・短肌着と服の袖を合わせて、すぐに着せられるようにしておく

・おむつ1枚用意する

・へその緒消毒セットと麺棒を近くに置いておく

〇ベビーバスにお湯をはる
夏場は38~39℃
冬場は40℃~41℃を目安にします。
また、冬場は上がってから体を冷やさないために、室温は25度前後を保つようにします。

沐浴の手順

〇服を脱がせる
赤ちゃんが不安にならないようにガーゼをお腹にかけておきます。沐浴中ずっとかけておきます。ベビーバスまで距離がある場合、途中でおしっこをする可能性があるので、おむつをつけたまま移動し、入浴の直前に外すようにしましょう。

〇入浴する
首の後ろとおしりを手で支えながら、ゆっくりと足からお湯につけていきます。

〇洗う
1、顔
目の周り、ひたい、ほほ、口、口の中(舌や歯茎)の順にぬらしたガーゼでやさしくふいていきます

2、頭
頭をぬらして、泡立てた石鹸を髪の毛につけ、手のひらで円を描くようにしてやさしくあらいます。ガーゼで頭を撫でるようにして洗ってもOK
ガーゼに水をふくませて頭の泡をすすぎます

3、体の前側
首、脇の下、手、お腹、股、足、足の指まで泡だてた石鹸をつけてやさしく丁寧にあらっていきます。

特に夏場は、首、わき、股の皮膚が重なっているところに汗や垢がたまりやすいので、シワの奥まで丁寧に洗いましょう、

4、体の背面
首を支えていた方と反対の腕に赤ちゃんの脇をあててもたれさせます。首が座っていなくて不安定なため、しっかりともたれられるようにしてください。

後頭部、首の後ろ側、背中、お尻、足の裏側を洗っていきます。

まだ寝返りをしない赤ちゃんは、寝ている時間が長く、体の背面を触ってもらう機会が少ないので、マッサージをするつもりで優しくなでながら洗っていきましょう。

〇上がり湯
体をおこしてもう一度首の後ろを支え、きれいなお湯で体を流しましょう。この上がり湯は最初に用意しておいてもいいですが、室温が低いとすぐにぬるくなってしまうので、お湯の温度に注意しましょう。

〇着替え
赤ちゃんは体温調節機能が未発達なため、夏場でもすぐに体は冷えてしまいます。まずは乾いたバスタオルで全身を覆い、丁寧に水分を拭き取りましょう。

1、おむつをする

2、肌着と洋服に袖を通して上半身をおおう

3、へその緒の消毒、必要であれば保湿クリームを塗る

4、肌着の紐を結んで服を着せる

5、耳、鼻の穴の掃除

6、水分補給(湯ざましや母乳で水分補給をする)

配慮する点

夏と冬では沐浴の配慮の点が違います。夏場は汗をかきやすく、乳児湿疹や汗疹(あせも)が悪化しないように、午前と午後の2回沐浴するのが理想的です。

冬場は室温(25度前後)を保つことを心がけ、必要であればパネルヒーターを置いて赤ちゃんの体を冷やさないように配慮しましょう。

 

赤ちゃんが泣いて嫌がる場合の対処法

大判のガーゼでおおう

裸になると不安になって泣いてしまうケースがあります。バスタオルサイズのガーゼで体を覆いながら入浴し、慣れてきたら少しずつガーゼをとるようにします。

肌着を着せたまま入浴し、お風呂の中で脱がしてあげるという方法もあります。赤ちゃんが安心して入浴できるように配慮してあげましょう。

何かを握らせる

赤ちゃんは何かを握ることで安心します。ママの指や、ぬれても大丈夫なおもちゃを握りながら入浴してみましょう。

お湯の温度を確認する

赤ちゃんにとっては熱いと感じているかもしれません。38℃程度のぬるま湯で試してみましょう。冬場はお湯がぬるいと湯ざめしてしまうので、あとから足し湯して温度を徐々にあげていくようにしましょう。

お湯の量を減らす

赤ちゃんのお尻が底に着くくらいに減らしてみましょう。

どうしても泣いてしまう場合は

泡で洗わずにお湯でさっと全身の汗を流すだけにしましょう。冬場は汗の量も少ないので、どうしても機嫌の悪い場合は、ぬれたガーゼで首や脇、股を拭いてあげるだけでもすっきりします。季節や汗の量、赤ちゃんの状態を考慮して入浴の仕方を変えてみてくださいね。

さいごに

始めのうちはなかなか慣れませんが、2~3日入れていると、動きもスムーズになってきます。また、赤ちゃんの裸の写真は案外撮る機会が少ないもの。誰かに撮ってもらえるのであれば、記念に写真におさめておくと、貴重な写真になりますよ。沐浴の期間は1ヶ月程度。貴重な沐浴シーンを楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。