妊娠初期症状はいつからどんな兆候がある?生理前との違いと実体験まとめ

妊娠すると女性の体はどんどん変化していきます。その中でも有名な症状は「つわり」ですが、妊娠すると、生理予定日までの間の期間にもさまざまな症状が現れます。今回は妊娠初期症状を実体験を元にまとめました。

 

スポンサードリンク

妊娠初期症状はいつから起こる?

通常は、最終の生理開始日を0日として、0〜6日目が「妊娠0週」、7〜13日が「妊娠1週」となります。

14,15,16日あたりは排卵期と呼ばれる、最も妊娠しやすい周期になり、その後無事に受精・着床と順調に進めば、妊娠と診断されます。

妊娠検査薬の陽性反応が出たら病院にいつ行くべき?フライング検査の場合は?

妊娠していた場合に、この排卵期が終わったあとの高温期(妊娠2週~3週目あたり)に起こる症状のことを妊娠初期症状といいます。

妊娠初期症状とは

着床出血

着床をする妊娠2~3週目の時期に少量の出血があります。全員に起こるわけでなく、割合でいうと10人にひとりだそうです。(私はありませんでした)

原因は、受精卵が着床した際に絨毛(じゅうもう)が生え、子宮内膜が傷つくことで出血します。血の色は、茶色っぽい色のことが多く量も少ないので、普段の生理との違いには気づきやすいです。

おりものの違い

生理前になるとおりものの量が増える方がいますが、妊娠初期症状は量が多くてサラサラした無色透明のおりものが出ます。(個人差はあります)

風邪のような症状

風邪だと思って病院を受診すると妊娠が発覚したという話があるくらい、風邪によく似た症状があらわれる方がいます。

排卵期になると体温が上昇して低温期から高温期に変わるため、倦怠感や熱っぽさを感じることと、ホルモンの影響で喉の痛みやアレルギー症状があらわれることが原因と言われています。

下痢や胃痛

普段から胃腸が弱い人は気づきにくいですが、下痢症状があらわれる方がいます。これは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれる女性ホルモンの働きによるものです。

黄体ホルモンは妊娠を継続させるために必要なホルモンですが、腸の働きを抑制します。それによって胃腸が痛くなったり下痢症状があらわれますが、一時的なものなので、妊娠の可能性がある場合はなるべく薬は控えましょう。

下腹部の痛み

子宮のあたりのチクチクとした痛みや、おなかが引っ張られるような痛みを感じることがあります。ただし、この症状は月経前症候群(PMS)との見分けはつきにくいです。

胸の張り

妊娠したことでホルモンバランスが変化することと、乳腺や乳管が発達し、母乳の生成が始まるために起こる症状です。生理前に胸が張る人は多いですが、妊娠初期症状の場合は乳首にチクチクとした痛みがあるのが特徴です。

頭痛

妊娠が成立するとプロゲステロンの分泌量が増えて血管が拡がり頭痛を引き起こしやすくなります。ひどい頭痛から吐き気を引き起こす場合もあります。

一日中眠くてだるい

スポンサードリンク

黄体ホルモンが身体の温度を高い状態で保つことで、一日中倦怠感でだるさを感じたり、眠たくなったりします。可能であれば仮眠をとってゆったりと過ごすようにしましょう。

高温期が続く

毎日基礎体温表をつけている方は、高温期が続いていることに気付きます。高温期が16日以上続いたら妊娠の可能性が十分にあるので、妊娠検査薬で反応を見てましょう。

妊娠検査薬で生理予定日からフライングで測れるおすすめのものは?実際に使った体験も

生理前との違い

《下腹部痛》
についてですが、生理前は子宮がギューッと締め付けられるような痛みなのに対して、妊娠初期症状では、下腹部がきゅっと外側に引っ張られるような、チクチクした痛みを感じます

これは、妊娠に伴って子宮が膨脹するときに、子宮付近の靭帯が引っ張られることによって感じる痛みです。

《乳房の痛み》
生理前になると張る人が多いですが、妊娠していると、乳首のあたりがチクチクと痛むような感じで、生理予定日を過ぎても続きます。

《おりものの違い》
生理前は少し粘り気のある液体がでますが、妊娠初期症状では、無色透明のサラサラとした液体がでます。量が生理前に比べると多い人もいます。

妊娠超初期症状ってなに?受診のタイミングや気を付けることは?

実体験で感じた兆候まとめ

私は、妊娠初期症の中の、下腹部痛と乳房の痛みしか感じませんでした。着床出血や下痢や風邪症状は全くなく、だるさもありませんでした。

ただ生理前症状とは全く違っていて、これは妊娠したかも??と思ったことが二つあります。

一つ目は、明らかに乳首のあたりがチクチクピリピリ痛むような感じがしました。胸全体が張ることよりも、そのチクチクの方が気になるような感じでした。

二つ目は下腹部痛です。生理が近づいてくるとだんだん鈍く重くなってくるのですが、引っ張られるようなチクチクする痛みを感じました。これも明らかに生理前症状とは違いました。

ちなみに、私は排卵日を計算して、妊娠を計画していたので、いつもより体調の変化や妊娠に対して過敏だったというのもありますが、上の二つはわかりやすく生理前症状とは違ったので、思わずネットで調べると、妊娠前症状として書かれていたので、「これは妊娠したかも!!」とフライングで喜んだことを覚えています(笑)

さいごに

症状には個人差がありますが、症状を知っておくだけでも、生理予定日から測定する1週間後くらいまでの過ごし方は変わってくると思います。もしかして、と思った場合は、薬を飲むことを控え、ストレスをなるべくためないようにリラックスして過ごすように心がけたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です