• HOME
  • BLOG
  • いろいろ
  • 夏のディズニーを楽しむための持ち物リスト!2歳の子ども連れに必要なグッズは?

夏のディズニーを楽しむための持ち物リスト!2歳の子ども連れに必要なグッズは?

こんにちは!
日本を代表するテーマパーク・ディズニーランドに、先日2歳の娘を連れて行ってきました。

関西人のわたしたちは、ディズニーランドはド素人!!ということで、それなりにガイドブックとにらめっこしながら予習をしていき、結果大満足で旅を終えることが出来ました(笑)

今回は、“子連れでいく夏のディズニーの持ち物”というテーマで、なんだかんだ忘れ物もなく満足したディズニー旅行の体験をもとに、準備していったものをまとめましたw

 

スポンサードリンク

夏のディズニーに必須の持ち物

まずは、夏のディズニーランドに必須のグッズについてまとめます。

タオル
汗拭きタオルですw

飲み物
瓶や缶・お酒類の持ち込みはNGとなっていますが、水筒は注意されませんでした。ペットボトルの持ち込みに関しては、いわゆるグレーゾーンのようですね。

帽子
熱中症&日焼け予防に必須ですね。

日傘
遊んでいる間はいいのですが、パレードをまっている間はとにかく暑い!!東京は天気が変わりやすくて急に雨が降ったりすることも多いので、晴雨兼用の折り畳み傘をひとつもっておくと安心です。

日焼け止め
わたしは面倒くさくてついつい塗らずに出てしまうんですがw

サングラス
あると便利ですね。コンクリートからの照り返しで目がやられそうになります。

パスポートフォルダー
入場券やファストパスはすぐに出し入れできた方がいいので、首から下げておく方が便利です。

ガイドブック
園内で地図とショースケジュールのちらしがもらえるのですが、小さくて、ただの園内の地図なので初心者にはわかりにくいです(;’∀’)

事前に本屋さんで、ガイドブックを買いましょう。

特に子連れ系のガイドブックは、「首座りからでも乗れる」とか、「90センチ以上の身長制限あり」とか「授乳室」とかの記載もあって、便利です!

地図のページをカラーコピーするか切り取っておくといいですね。

パレード&ショーを楽しむために

夏の期間限定のショーは、ずぶ濡れになって大騒ぎできるのがお楽しみポイント!

せっかくなのでビショビショになる覚悟で参加したい!という方も、絶対濡れたくないという方も、ビショビショになるのは嫌だけど、ちょっとくらいなら濡れてもいいしパレードには積極的に参加したいという方も、夏のパレードを楽しむための準備を忘れずにしていきましょう!

※2017年は「ディズニー夏祭り(ディズニーランド)」「ディズニー・パイレーツ・サマー(ディズニーシー)」でしたw

レインコート
足元までビチョビチョになるので、濡れたくないけど水にはバシャバシャかかりたい!という矛盾しているあなたにはセパレートタイプでズボンをしっかりはくことをおすすめします。笑)

着替え
下着もいりますよ。

ビーチサンダル
ディズニーランドはたくさんあるくので、スニーカーの方がいいかとは思いますが、パレードでは足の先までずぶ濡れになるんで、サンダルに履き替えておく方がいいですね。

濡れたものを入れる袋
これも必須。
大人数で行く場合は、ゴミ袋波にでかいやつが数枚あると便利です。

鞄を覆うごみ袋
体はカッパでカバーしても、カバンがうっかり!ってことにならないように、ゴミ袋のような大きな袋でガッツリ覆いましょう。

シート
ショーを良い席で見るために少し早めにいくので、その時に座るために必要です。

タオル
濡れたからだを拭きます。日中使う汗拭きタオルとは別にあると便利。

防水カメラ(防水カバー)
ホースでバシャバシャ。ばけつでバシャバシャ。とにかくスプラッシュ!!な夏のパレード。そんな弾ける笑顔のショットをおさめるためには、防水加工のカメラか、スマホの防水カバーがあると便利です。

スポンサードリンク

子連れでいくならこちらも!

首元を冷やすグッズ
暑いけど子どもは後先考えずに動き回ります。首もとを冷やす冷却シートのようなものがあれば、ご飯を食べている時やショーを待っている時など、差し支えのないときに着けて体を冷やせます。

カメラ&ビデオ
2歳児でも良く理解して、楽しんでいました。
子連れ旅行でなくても、カメラとビデオは必須ですね!

ベビーカー
1日1000円でレンタルもできますが、自宅からディズニーランドまで必要な方や、乗りなれたベビーカーが良い!という方は持ち込むといいですね。

ベッドボトルキャップ
ペットボトルで飲むとだいたいこぼしますよね(笑)

100均のペットボトルのストローキャップがあると便利です。

シップ
やはりずっと歩きまわるので、ベビーカーに乗ってくれるお子さんはまだましかも知れないですが、抱っこ抱っこという我が子のようなパターンになると、結構足腰にきます(笑)

次の日も楽しむためには、念のためシップのような薬をもっていっておくと便利ですね。

冷えピタ
熱中症になったときに温度を下げるため&旅先で熱が出ることもあるので、もっていると安心です。

扇子
こちらも、気温が高くなると待ち時間はかなりあついので、かさばらない扇子などがあれば便利です。

ブランケット
赤ちゃんが寝てしまった場合、飲食店内は冷房がかなり聞いているので、一枚あると便利ですね(ワタシは荷物増やしたくなかったんで、カーディガンをもっておいてかけてました)

その他

ディズニー内はせっかくなのでディズニーのTシャツを着て回りたいですよね!

当日に入ってすぐ買って着るのもいいですが、初日は買っておいて前もって着てくるほういいです。

その方が、開園と同時にファストパスをとり、混みそうなところへ並び、その後も効率よく回れるので。

私たちは1日目はUNIQLOでディズニーTシャツを買っておいて、2日目以降は1日目に買ったTシャツで行きました(^^)

さいごに

ただでさえ荷物の多い子連れのおでかけ。それに加えて夏の対策となるとかなり荷物は多くなりますが、ベビーカーを借りるなり持参するなりして荷物の負担を減らしながら、楽しくまわりましょう!

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

UTANE 自由人 1987年生まれ2児の母(2021年5月に3人目出産予定)わたしの世界観と趣味などについて綴っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。