• HOME
  • BLOG
  • いろいろ
  • ピノ専門店2017の梅田店の混雑状況と体験口コミは?子どもと一緒でも楽しめる?

ピノ専門店2017の梅田店の混雑状況と体験口コミは?子どもと一緒でも楽しめる?

こんにちは、マイヤ―ですw

夏に食べたくなるヒンヤリ美味しいアイスクリーム。

その中で、“PINO(ピノ”)はひとくちで食べやすく、ファミリーサイズもあることから、子どもから大人まで人気のあるアイスクリームのひとつです。

今回は、“ピノ”を自分好みに作ることができるピノ専門店「ピノフォンデュカフェ」の紹介ですw

インスタ映えするということで女性から人気のようですが、子どもと一緒でも楽しめるのか?料金などについてもまとめてみました!

 

スポンサードリンク

ピノフォンデュカフェとは

森永乳業のロングセラーブランド商品「ピノ」

そんな人気商品のピノが、自分好みの味で作れる「ピノフォンデュ体験」ができます^^

ピノフォンデュ体験って?

2015年の夏の初開催以来、大盛況のピノフォンデュ体験。

「ピノアイス」にチョコレートソースやマシュマロクリーム、豊富なトッピングなどを付け、さらにチョコペンなどを使って可愛く飾り付けることができます。

「美味しかった」というだけでなく、「楽しかった」という感想も多く、今はやりの「インスタ映え」するとして、写真にとって記録に残したくなるような「フォトジェニック体験」が楽しめることを目指しているそうですw

期間は?

7月13日~9月10日まで
8月21日は休み

場所は?

大阪・梅田の「BREEZE BREEZE(ブリーゼブリーゼ)」で期間限定でオープンしています。

料金は?

400円(税込)で、ピノアイス6粒とトッピングを購入。
オリジナルのピノコーディネートが楽しめます。

 

バニラ
抹茶
グレープ
チョコ
の中から3種類を選びます。

〇バニラは決まっていて、他から2種類チョイス。

【チョコレートソース】
セミスイートチョコレート
抹茶チョコレート
グレープチョコレート
の中から2種類を選びます。

〇セミスイートチョコレートは決まっていて、他1種類をチョイス

【トッピング】

ブラッククランチ
ストロベリークランチ
カラフルチョコチップ
アーモンドプラリネ
アラザン
ドライフルーツ
の中から2種類をチョイス

【その他についてくるもの】
・マシュマロクリーム
・チャーム(卵ボーロ2粒・ハート形チョコレート)
・タルト1個・ビスケット1枚・キャンバスプレート1皿
・チョコペン

スポンサードリンク

混雑状況は?

平日だと待ち時間なしで入れる時間帯もあるようですが、夏休み中は長い時で2時間ほど待っていたようです。

7月のオープン当初はラストオーダー間際にいった方も、「満席でびっくりした」と言ってました。

日中は子連れ層も多いので、空いているのは夕方から夜にかけてだそうです。

お子さん連れで行かれる場合は、午前中のオープンと同時に並んでおく方が良さそうですねw

ただ、他おのカフェと違ってデコレーションには多少時間をかけるものの、一口アイスなので、食べたらすぐにお店を出るようなので、長く滞在する方は少なく、回転は速いようです。

子連れでも楽しめる?

子連れ歓迎ということで、子どもにも体験を楽しんで欲しいとのことでした。

特にクッキングが好きな子どもは、自分好みの味を選んで、お菓子やチョコペンでかざりつけて・・というのが楽しいでしょうね^^

口コミ体験と写真

 

美味しかった!というよりも、デコレーションをする過程が楽しかったというコメントが多いようですw

また、アイスというところで、あまりデコレーションに時間をかけると溶けてしまうので、お子さんと一緒に行かれるときは楽しみながらも、溶けない程度に切り上げるほうが良さそうですね(笑)

お店の紹介

【所在地】
大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼブリーゼ1階

【アクセス】
JR大阪駅桜橋口より徒歩5分
阪神梅田駅徒歩5分

【電話番号】
06-6341-5135

【営業時間】
11時~21時(L.O 20時30分)

【おむつ替えシート】
ブリーゼブリーゼ2階、個室一部屋だけですが、授乳室とおむつ替えシートがあります。

【ベビーカー】
入店可

さいごに

夏休みもいよいよ終盤!プールや海も行きつくし、残りの期間どこいこー?と考える方もいらっしゃると思います。

行ったことのない方で興味があれば、是非行ってみてくださいね^^

それではありがとうございました~♪
アイスは抹茶味が好き♪
マイヤーでしたw

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

UTANE 自由人 1987年生まれ2児の母(2021年5月に3人目出産予定)わたしの世界観と趣味などについて綴っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。