• HOME
  • BLOG
  • いろいろ
  • 木場親水公園じゃぶじゃぶ池2017の混雑と駐車場情報!幼児や赤ちゃんも遊べる?

木場親水公園じゃぶじゃぶ池2017の混雑と駐車場情報!幼児や赤ちゃんも遊べる?

こんにちは、マイヤーですw

東京には各地にじゃぶじゃぶ池といって、乳幼児が水遊びできる無料のスポットがありますw

地方に比べると家族ででかけるようなプール自体は少ないんですよね。ただ、江東区が管理しているじゃぶじゃぶ池だけでも5つあり、その他東京都が管理している猿江恩賜公園や木場公園などをもあります。

そのうちのひとつである木場親水公園のじゃぶじゃぶ池で水遊びをしてきました♪

施設の設備や遊んでいる子どもたちの様子や混雑状況などをまとめましたので、良かったら参考にしてください^^

 

スポンサードリンク

木場親水公園

木場公園の道路はさんだ反対側にある木場親水公園。

ここには無料で遊べるじゃぶじゃぶ池があることで、江東区では人気の夏の子連れスポットです。

【所在地】
木場3-17-5

【アクセス】
木場四丁目バス停から徒歩2分
木場駅から徒歩10分

【期間・時間】
7月1日~9月の第2週の日曜日(H29年度は9月3日(日曜日))まで
10時00分~16時00分

【定休日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
なお、天候や管理運営状況により、臨時に休場する場合があります。

おむつの赤ちゃんも遊べる?

一応おむつしている赤ちゃんは禁止なんですが、そこまで厳しくとりしまっていないのか、ちょこちょこおむつ絶対してるであろう赤ちゃんもちょこちょこいました。

・水深20センチくらいの浅いプール
・ちょろちょろちょろと水が流れるコースに、両脇から鯨やお花から噴水
・水深20センチほどの丸い小さめのプール(ちょっとぬるめ)

があります。

子どもが浸かったり座って遊ぶにはちょうどよい水深なので、安心して遊ぶことができます。

おもちゃの持ち込みはOK?

じょうろなどの固いおもちゃの持ち込みは禁止のようです。

ビニール素材のボールや浮き輪などは持ち込みOKで、平日は空いているので浮き輪でプカプカ浮いて遊んでいる子もいました。

幼児も遊べる?

小さい子どもについてきたであろう小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんも来ていました

でも、水深が浅いのと、スペースもそこまで広くなく、乳児が多いので激しい遊びができる雰囲気でもないので、退屈するとは思います(笑)

ただ、幼児のグループも来ていたので、とにかく水遊びができればOK!という子どもたちにとったら幼児でも十分満足できる施設なんだと思いますw

スポンサードリンク

混雑状況は?

平日はほどよく人がいる程度で、プールサイドにあるベンチにも余裕で座れます。

水深の浅いプールでもそれぞれが泳げるくらいのスペースがあります。

ただ、土日になると付き添いでお父さんも一緒に来ていたり、きょうだいも来ているようでそこそこ浅いプールの方は、泳ぐと少し人に当たる程度の混雑はするようです。

それでも、プールとは違って水遊びスポットなので、そこまで人で混雑するということはないようですね。

駐車場情報

木場親水公園には、専用の駐車場はありません。

向かいの木場公園には、「第一駐車場」「第二駐車場」があり、それぞれ合わせて126台程度停めることが可能です。歩いてもそこまで遠くないのですが、週末や長期休みは非常に混雑するので、車で木場公園に停める場合は、午前中に到着する方がいいですね。

走ると危険!

今まで大ケガはなかったようですが、付き添いの大人の方が、足を滑らせて軽傷を負ったことはあるようです。

案外子どもよりも「危ないから走らない!」というてる大人の方が怪我をしやすいということですね。

油断せずに、気を付けてください(笑)

さいごに

子どもが浸かれるくらいの水深があるし、とにかく無料で遊べるのでありがたいですね。

東京にはそもそも家族ででかけるようなプールが地方に比べると少ないです。

小さなお子さんだと十分な水遊びスポットなので、是非利用してみてください^^

それではありがとうございました~♪
8月は地元のプールで遊ぶで!
マイヤーでしたw

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

UTANE 自由人 1987年生まれ2児の母(2021年5月に3人目出産予定)わたしの世界観と趣味などについて綴っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。