ディズニーのハロウィンは全身仮装OK?期間以外で入園拒否になった人の服装は?

ディズニーハロウィンの楽しみのひとつといえば、様々なキャラクターに扮した仮装ですよね。いつでもどこでも仮装して入場できると思いきや、実はディズニーランドやシーでは普段はフル仮装NGとなっています。

ですが、毎年ハロウィンイベントの一定期間だけフル仮装OKとなるため、ゲストはこの期間を楽しみに力を注いでいるのです!

今回は、入園拒否になった前例を元に、どの程度で入園拒否となるのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

ハロウィン期間

2017年は9月8日(金)~10月31日(火)までととても長期間となっています。
これまでは、期間中最初の1週間と最後の1週間のみOKだったフル仮装ですが、2017年は東京ディズニーランド20周年のため、ディズニーランド・シーともに全日フル仮装が可能となっています。もちろん部分仮装もいつでも可能なので、好きな日に、ハロウィン仮装が出来ちゃいます!

ハロウィン期間以外の仮装のルール

仮装のルールとして最も重要なのは、「ディズニー関連のキャラクターであること」です。

夢の国ディズニーですから、イメージが損なわれないように配慮されています。例えば、極端に衣装のアレンジを加えてキャラクターのイメージから遠くなってしまっている場合や、逆にクオリティが高すぎてキャストやスタッフと間違われるほどの仮装も実はNG。

ディズニーはディズニーでも、マーベル社のキャラクター仮装もNGです。(スパイダーマンや、ベイマックスなど)

公式HPにも詳しく記載があるので、不安な方は事前に確認してから入園してくださいね。
http://www.tokyodisneyresort.jp/special/halloween2017/dressup/rule.html

入園拒否の基準は?

ディズニーではゲストに様々なルールを設けていて、違反が見つかれば入園拒否、入園後に発覚した場合は強制退場となってしまいます。
前述の通り、ディズニーキャラクター以外の仮装はしてはいけませんが、その他安全面や風紀的な理由から入園拒否をされることもありますのでご注意

 

最低限守らなければいけない基準

[ad#co-2] 【顔が判らなくなるほどのメイクや被り物】
セキュリティ上の問題から。肌の色が分からなくなる極端なメイクは禁止です。付けひげやひげを書くのも禁止となっています。

【大きすぎる、長すぎるアイテム(小道具類)】
ゲストの安全上の問題から。踏まれて転んだり、アトラクション中に引っかかったりする恐れがあります。だいたいくるぶし丈くらいまでにしましょう。同様の理由で鋭利な小道具も持ち込み禁止です。

【露出の多い服や下着、水着、全身タイツ】
風紀的な問題。肩紐なしに肩が出ていたり、おへそを出したりしたスタイルは禁止されています。※特に女性の方はアンダーウェアなどでうまく対策をし、こどもに衣装を着せる場合は、厚手のタイツなどを履かせて露出を控えるのがよいですね!

やはり仮装OKと言えども、イメージが命の夢の国ディズニーランド!
事細かなルールを守る必要があるようですね。

スポンサードリンク

過去に入園拒否になった例

上記のルールを逸脱し、入園拒否となった例をご紹介します。
【ジブリのキキや、ハリーポッターなど魔女や魔法使いになりきった仮装】
ハロウィンから連想しそうなキャラクターですが、ご存じの通りディズニーキャラクターではないためNG。

【ジャスミンやティンカーベル・アリエルへの仮装(お腹や肩が露出した状態)】
女性の仮装で人気のキャラクターで、毎年多く仮装者をよく見かけます。そのまま再現するとおへそや肩を出しているスタイルのため、露出が多い服とみなされるので入園できない可能性が高いので気をつけましょう。

【付けひげや過度な化粧】
ジャックスパロウのひげやマレフィセンントの緑の顔などの仮装がこれにあたります。キャストと見間違える可能性があるため、入園拒否となった事例があります。
また、着ぐるみやパジャマ姿など明確な規定はないもののスタッフからお声がかかる場合もありますので、仮装をする際は「入園にふさわしい格好」であるかどうか一度確認をしてからにしましょう。

さいごに

実際のところ私も、いつでもどんな仮装でもOKだと最近まで思っていました。普段は楽しめない非日常な空間だからこそ、正しいルールを理解した上で、自分なりの楽しみ方をしたいですね。
それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

UTANE

UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。