お宮参りの初穂料って誰が用意するの?渡すタイミングやのし袋の書き方も

赤ちゃんが産まれてからはイベントが盛りだくさん。その中でも前々から日程の調整や準備が必要なのが「お宮参り」。前回までは、お宮参りの時期やお参りする場所の選び方、服装や髪型についてまとめてきました。

 

お宮参りの時期はずらしてもいいの?神社やお寺の選び方は?
お宮参りでママや祖母の服装は何を着ればいいの?靴はヒールの方がいい?

 

今回はお宮参りに行く時に準備が必要な「初穂料」の書き方や金額などについてまとめました。

スポンサードリンク

初穂料とは

初穂料(はつほりょう)とは、赤ちゃんの健康な成長と長寿を祈って、神様に奉納するお金のことを言います。お宮参りでは、御祈祷やお祓い、祝詞を読んでもらうので、その謝礼として、お寺や神社に納めるお金のことですね。

どうして初穂っていうの?

昔、その年に初めて取れた米・野菜などを神様に奉納していたことが語源になっているようです。

初穂料の相場は?

初穂料の相場は5千円~1万円くらいです。金額が定められていない神社もありますが、祈祷代として一律で決まっているところも多いので、お寺や神社が決まったら、ホームページで確認するか、直接電話して聞いてみましょう。

絶対に払わなくてはいけないの?

絶対に必要ということはなく、お宮参りをせずに写真撮影だけする方。お宮参りはしても、祈祷はせずにお参りだけする方もいらっしゃいます。ただ、これからの赤ちゃんの成長や幸せを祈るという気持ちも込めて、用意してあげるのが好ましいでしょう。

初穂料は誰が用意するの?

昔は赤ちゃんと両親、父方の祖父母で行って、父方の祖父母が初穂料を包んでいたようですが、現在は母方の祖父母と一緒にお参りしたり、両方の祖父母と予定を合わせてみんなでお参りする家族も増えています。自分たちで払う家庭が多いようですが、特に誰が払うという正解はないので、事前に話し合ってそれぞれの家庭で決めておくようにしましょう。

初穂料っていつ渡すの?

神社(お寺)についたらお宮参りの受付場所があるので、そこで祈願申込書などの書類をもらい、記入します。この時に、申込書と一緒に初穂料を手渡しします。

初穂料の書き方

初穂料を神社に納める際は現金をのし袋に包んで手渡しします。包み方や書き方についてまとめました。のし袋は、白赤の蝶々結びの水引きがついたのし袋を用意するのが理想的です。ペンは、できれば筆ペンで濃く太くはっきりと書きましょう。

スポンサードリンク

のし袋の表

水引きの上「御初穂料」または「初穂料」
水引きの下 お宮参りを受ける赤ちゃんの名前(フルネーム)
名前が読みにくい場合はふりがなをふっておきましょう。

中袋の書き方

表面には包んだ金額をかきます。裏には、住所と祈祷を受ける赤ちゃんの名前(フルネーム)を書きましょう。

さいごに

お宮参りは赤ちゃんのこれからの健康な成長を願う大切なイベントのひとつです。現在は簡単に済ませる家庭も増えてきていますが、写真を撮ったり家族で集まったりするひとつのイベントとして、お参りするのもいいのではないかと思います。是非、可愛い赤ちゃんが主役のイベントをみなさんで楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です