産休中は暇ですることがない?毎日ダラダラせず有意義に過ごす6つのアイデア

リサリン

どうも、こんにちは!
リサリン@dwe8835です♪

これを読んでくれている方は、妊娠がわかってからも頑張ってお仕事をされていて、待ちに待った産休に突入した方でしょうか。

産休!
めっちゃ嬉しいですよね!(笑)

わたしもカレンダーを見ながら、クリスマスを楽しみに待つ子どものように毎日指折り数えていました。

そんな待ちに待った産休ですが、如何お過ごしですか??

有意義に過ごしていますか?
身重な体で1日フリーとなると、案外アクティブに行動ができずに時間を持てあましていますか?

よく聞くのが、産休に入った時は嬉しくて、

いっぱい寝て、ゴロゴロして、平日に友達とランチして、明日のことを気にせずに夜更かしして・・と楽しんでいても、1~2週間もすれば飽きてきて、暇。何もすることがない。明日何しよう。となってくると。

でも。
産休はだいたい前後16週あるといっても、産後休暇は赤ちゃんと24時間過ごす毎日。

産前の休暇って、8週間しかないわけです。

しかも第2子以降は、妊娠していることを忘れるくらい日々の子どもとの暮らしが続いているので、有意義に過ごせない!(笑)

第1子の産前休暇の8週間が、人生の中でとてもとてもとてもとても貴重なわけです。(長女2歳9か月。第2子7月出産予定。もうすぐ育休から第2子の産休へと切り替わる経験者は語る。)

経験したことや友だちママに聞いたことを参考に、貴重な56日間を有意義に過ごすためのアイデアをまとめました^^

スポンサードリンク

【体験談】産休中にしてよかったこと

アルバム制作

最後の方は体も思うように動かずに、2歳クラスの担任をしていたので結構心身ともに疲れてしまって、産休に何しようかを考えながら日々を乗り越えていました(笑)

絶対にしたかった一つ目が、アルバム作り。

わたしは写真を撮ることが好きで、それを自分でレイアウトしてアルバムを作るのが好きなんですけど、仕事してるとなかなかそこまで手が回らなかったんですよね。

でも休みの日に遊びに行くから写真は増えていく。

子どもが産まれたら、子どもの写真をとってアルバムをつくるだろうから、それまでに結婚式とか新婚旅行とか友達や家族との思いでとかをアルバムに残そうと思って何冊か作りました。

資格の取得

いろいろ興味があって、勉強したいなーとか、資格欲しいなーとか思っても、やっぱり仕事してると休みの日は遊びたいし、取得には至らなかったんですね。

でも、時間ができたし、子どもが産まれてからも使える資格が欲しいなと思って、【食育実践プランナー】という資格を取りました。自宅で勉強して、自宅でテストして郵送するだけなんで、身重な体でも簡単に取得できます。

すでに子どもがいるママさんにもおすすめですね^^

マタニティスイミング

元々体を動かすことが好きなんですが、あまりにもダラダラすると元の生活に戻れないような気もして。(笑)

「出産も産後も体力勝負やー!」と良く聞いていたし。

産休に入ってすぐに手続きをして入会して、コナミスポーツクラブのマタニティコースで、アクアビクス(水中でのトレーニング)と、ジムでのマタニティ向けトレーニングを週2回通いました。

体重管理ができたし、このおかげかわからないけど、安産でした。

マタニティフォト

これは好みですが、わたしはせっかくなので撮りました。

でも、スタジオで撮影すると高いので、イベントにいったときにお試しでマタニティペイントを1000円くらいでしてもらいました。良い記念になったので、やって良かったと思います。

出産・育児の準備

産まれてからはなかなかできないので、産まれてくる赤ちゃんのことを考えながらグッズを揃えたり、お部屋作り。

時間があるので掃除も結構しました。普段後回しにしていたようなところとか。

スポンサードリンク

【後悔談】産休中にこれもしたら良かったと今になって思うこと

妊娠経過の日記ブログ

わたしは唯一。これだけです。

元々ブログやSNSをやるタイプではなかったので、当時はブログを書くという発想がなくて、エコー写真をレイアウトしてアルバムを作るくらいしか記録していませんでした。

でも、今となったら貴重な第1子の妊娠期間の思い出。

つわりで辛かったこと。
胎動を初めて感じた時の気持ち。
名前を読んだら動いたときのこと。

もっと事細かに記録しておいても良かったなーと思ったりします。

自分の日記として記録するためと、もうひとつ。
自分の経験を発信することでどこかで誰かの役に立つということを知ったから。

このブログも、トレンドな話題も結構書いていますが、自分の実体験を配信して、これから妊娠・出産する方に読んでもらえるブログに育てていきたいと思っています。

  • つわりで辛い時にどうやって乗り切ったか
  • 胎動はいつごろから感じて、感じなくて不安を感じた時にどうしたか
  • 胎教やお腹の中の赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方はどうやってたか

今回は、そんな発信もできるようにしっかりと書き留めたのでゆっくり書いていきたいと思います^^

すぐに復帰するママは

わたしは、産前産後16週がっつり有給を頂いて、そのあと育休ライフに突入したのん気者なんですが、産休が終わったらすぐに現場に戻らないといけないママもいますよね。

わたしが勤めている保育所でも、2ヶ月の首が座っていない赤ちゃんも入所していました。

産休明けですぐに保育所へ預けて復帰するママは、休暇を楽しむどころか、子どもの保育所選びに必死になりますよね。

家庭の条件にもよりますが、年度の途中入所だとなかなか入れないところが多い時代なので、待機児童などの激戦区にお住みの場合は、妊娠中からちょこちょこ探して、産休に入ったら見学や手続きに回る方がいいみたいですね。

さいごに

安定期と言えど、後期は切迫早産のリスクもあるし、なんといっても巨大なお腹の中に命を抱えているんで、単なる休暇とは全く違いますよね。

産まれてくる愛しい赤ちゃんのことを想い、胎動を感じながらのんびり過ごす日が続いても、それはとっても幸せなことだと思います^^

なんかいろいろと周りから聞くから、「せっかくの産休やから何かしなきゃ!時間がもったいない!」と言う気持ちもありますが、体を大切にして無事に出産の日までお腹の中で赤ちゃんを育てたいですね^^

リサリン

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

良かったらTwitterやフェイスブックから更新情報を受け取ってください^^

フォローしてもらえるととても嬉しいです♪


スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です