しまじろうの映画2018は何歳から有料で上映時間は?1歳半の赤ちゃんでも楽しめる?

こんにちは!
リサリンです。

2歳になる娘は、最近子ども向けの映画が見れるようになり、ジブリのトトロが特に好きでテレビの前に座ってよく見るようになりました。 春になると、子ども向けの映画が公開されるので、なにか映画に連れて行こうかなと思っているのですが、特に娘が好きで最後まで楽しめそうだなと思ってチェックしているのが、しまじろうの映画。 今回は、そんなしまじろうの映画についてまとめました^^


スポンサードリンク

映画の上映はいつから?

2013年から始まったしまじろう映画も、今回で6作目。上映開始は、2018年3月9日(金)です。

タイトルは「しまじろう まほうのしまのだいぼうけん」

ワクワクするようなお話が期待できそうですよね。

ちなみに、次回はしまじろう30周年記念映画であるため、初の全編アニメ映画となっています。実は、今までのしまじろう映画は、アニメと実写を織り交ぜた内容になっていて、子どもを飽きさせない工夫のひとつとして、アニメの合間に、パペットや着ぐるみによる歌やダンスなどの実写を入れて、映画が構成されていました。

今回は、全編がアニメとなるので、いつも以上にどっぷりと、映画の世界を楽しむことができそうですね。

料金は?何歳からいる?

基本的な映画は、3歳からチケットが必要。3歳未満の膝上鑑賞であれば料金は無料ですが、座席が必要となる場合は料金が発生するというのが一般的です。

ただ、幼児向けの映画は、2歳からチケット料金が発生しますね。(アンパンマンの映画にいったときは2歳から有料でした)

3歳児の映画料金はいくら?

幼児(3歳以上)~高校生 1,000円
大学生 1,500円
大人(18歳以上) 1,800円

参照:TOHOシネマズ料金表

というのが一般的ですね。映画館によって3歳児の料金には多少の差があるみたいなので、事前に確認しておくといいかも知れないですね。

しまじろうの映画の料金は?

しまじろうの映画は、膝上の鑑賞であっても、2歳から子ども料金が必要となります。

前売り価格は、子どもが900円、大人(高校生以上)が1400円となります。

親子ペアチケットでは、大人1人と子ども1人が、2200円で観ることができます。通常は大人一人で1800円するからめちゃめちゃお得ですよね。

さらにこどもちゃれんじの会員の方は、料金が100円引き(親子ペアチケットは200円引き)となっています。

しまじろうの限定グッズが、セットとなるチケットもあります。こちらは、一般の人も、こどもちゃれんじ会員と同じ優待価格で購入できるため、毎年とても人気があるチケットですね。

1~2歳でも楽しめる?

スポンサードリンク

しまじろう映画には、赤ちゃんや乳児でも楽しむことができる仕掛けがいっぱいで、赤ちゃんの映画デビューにはぴったりだと言われています。

以前、お兄ちゃんと一緒に1歳半の子どもを連れてしまじろうの映画を見た友人は、普通の映画と違って赤ちゃんでの楽しめるように工夫されていたから、途中で退場することもなく楽しめたと言ってました^^

照明の工夫

劇場の環境は、赤ちゃんがびっくりしない程度の音量に絞り、小さい子どもが怖がらないよう、薄明るさのある照明の中で上映されます。暗さが怖い子どももいますし、ママやお友達の表情が見れるので、会話をしながら、映画を観ることができるという魅力がありますね。

上映時間は?

上映時間は60分。

さらに、真ん中に10分の休憩をはさむので、ちょうど子どもが集中できる時間設定になっています。トイレ休憩があるので、トイレトレーニング中の子どもも安心して連れて行くことができるでしょう。

子どもが声を出したり歌ったりする場面もあるよ

映画のストーリーについても、小さい子どもが喜ぶような工夫が凝らされています。

前回の映画では、来場者に紙製のメガホンを配り、ストーリーの中でメガホンを使って応援する仕組みとなっていました。劇場のお友達と一丸となって、声を張り上げて応援するので、自分もキャラクターの一員になったかのように興奮することができます。

ストーリーがわからない年齢であっても、途中に歌やダンスが盛り込まれるので、一緒に歌を歌ったり、手拍子したりするだけでも面白いかもしれないですね。

もちろん、ストーリーもわかりやすく構成されているので、赤ちゃんからお兄ちゃんお姉ちゃんまで、幅広く楽しむことができる映画だと思います。

ゲスト出演は誰?

しまじろう映画には毎回、さまざまな芸能人が、声優としてゲスト出演しています。

2018年は、AKB48樋渡結依さん、SKE48鎌田菜月さん、NGT48村雲颯香さんがゲスト声優として参加されることが発表されていますね。

2017年は山田花子さんと、COCOWの2人が声優として参加しました。そして、Mummy-Dさんが声優と、映画連動ダンス曲の歌を披露しました。

2016年には、AKB48の木﨑ゆりあさんとSKE48の木本花音さん、2015年には、我修院達也さんがゲスト声優を務めています。

そして、ゲスト声優のほか、タイアップ曲にも多彩なゲストが参加しているのが、しまじろう映画の嬉しいところです。キマグレンやPUFFY、Charaなど、ママ世代ならば絶対に知っているシンガーが、歌を提供しています。

2018年はゴスペラーズが映画のために書き下ろした曲「まっすぐな橋」です。あきらめないでまっすぐにすすむしまじろうたちにぴったりだと言われているこの曲。

酒井さんのコメントを引用させて頂きます。

「かわいい子には旅をさせよ」とことわざにもありますが、冒険の旅に出るほうも、旅に出して帰りを待つほうも、離れた場所からお互いを思って見えない心のやりとりをしているのではないでしょうか。「まっすぐな橋」は、そんなただいまとおかえりとの間に架かる橋の歌です。こどもさんも親御さんも、聴いて下さいね。

酒井雄二(ゴスペラーズ)
引用:https://kodomo.benesse.ne.jp/open/movie/2018-mahou/tieup/

スポンサードリンク

さいごに

いよいよ明日3月9日(金)から公開となりました^^

しまじろうのコンサートを何度も見ていた娘はきっと喜ぶと思うので、またわたしたちも観に行こうかなと思います。

それではこのへんで。
ありがとうございました~♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアお願いします♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です