いろいろ

スイカの食べ方は日本と海外では違う?塩以外にかけたら美味しいのは?

みなさん、こんにちはー!
マイヤーです。

夏を代表する食べ物といえば何を思い浮かべますか??

せーの!

スイカ!!

ですよね(*`・ω・)ゞ

パイナップルとかいったそこのあなたは少数派ですよ!(笑)

というのも、昨日めざましテレビで、夏の果物と言えば?というコーナーで、1位がスイカで78% 2位がパイナップル 3位梨という結果だったと言われていました。

梨もパイナップルの方が個人的には好きですけど、夏のイメージといったらやっぱりスイカですかねw

そんなスイカには塩をかけて食べる!という人も少なくはないと思いますが、どのくらいの割合の人が塩をかけているか知っていますか?また、海外では変わったものをスイカにかけて食べるとインタビューで明らかになっていたので、まとめました。

 

スポンサードリンク

スイカに塩をかける人の割合は?

今回は、めざましテレビの放送内容と、「みんなの声」というホームページの情報を元にまとめています。

東京都で
かけない 156票 58%
かける112票 41%
引用:http://vote.smt.docomo.ne.jp/life/food/result/108212/pref/tokyo

あと1%は???という結果でしたw

番組の中でも調査されていて、

男女100人アンケート「スイカに塩かけますか」で、「かける」44%、「かけない」56%という結果だった。

めざましテレビ

どちらの調査結果を見ても、どちらかというとかけない人の方が多いようですね。

「スイカに塩をかけないなんて人生4割くらい損してる!」とインタビューで女性が熱弁していましたが、そもそもなんでスイカに塩なんでしょうか?

なぜスイカに塩をかけるの?

味の対比効果といって、2種類以上の異なる味を混ざることで、一方の味が強められる現象のことを言います。

スイカの甘味に、塩味が加わることによって、甘みが引き出されてよりおいしく感じるということですね。

大切なのは、バランス。適度な量をふりかけることによって、舌のさまざまな味を感じる神経が別々に反応し、わずかな塩のしょっぱさを先に感じることで、スイカの甘みが引き立ちます。

塩をかけすぎると、ただしょっぱいだけのスイカになってしまうということですね。

おしるこやあんこなどに塩を入れるのも、同じように味の対比効果で甘みを際立たせるためです。

スイカに塩をかけていたのには歴史がある

スポンサードリンク

昔のスイカは甘さが足りなかったため、ほどよく塩をふって甘さを補っていたようです。

現在はスイカも品質改良されていて、スイカだけで食べても十分に甘さを感じるので、本当はかけなくても美味しく頂けるようですね。

ちなみにわたしはかけない派です(家族もw)

まぁ夏の暑い時期、ほどよい塩分が熱中症対策になっていいのかも知れませんが^^

スイカに合う調味料は?

日本では、スイカにかける調味料といったら塩ですよね。

外国でも塩をかけるのか番組で調査してましたが、塩以外にもいろいろなものをかけていることがわかりました。

インド

【塩コショウ】
塩だけでなくコショウもかけるそうで、ほどよい辛さがクセになるのだとか。

メキシコ

【チリペッパー】
なんでも辛いものをかけるというメキシコでは、スイカにもチリペッパーをかけるようです。

【レモンとライム】
さわやかな味わいにかわるのでスタジオの試食でも好評でした。食べてみたい!

トルコ

チーズ】
レストランでは、スイカとチーズを組み合わせたデザートも出るようです。

試食では、「不思議な味」「食べたことない」とコメントされていました(;’∀’)

さいごに

スイカはカリウムが豊富に含まれ、疲労回復と利尿作用があり、夏バテにも効果的だと言われています。

また、他の栄養面でいうと、βカロテンとリコピンが大量に含まれています。

βカロティンは抗発ガン作用や免疫賦活作用の効果があることだけでなく、摂取することにより、体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは美容のビタミンとも言われていて、髪の健康維持や、粘膜や皮膚のターンオーバーの正常化、活性酸素を減らす働きがあり、アンチエイジングにはかかせない、栄養素です。

リコピンも同様、活性酸素を減らす作用に優れています。

美容のためにも健康のためにも、みんなでスイカを食べましょう!\(^o^)/

30000このスイカのネタバレあらすじは?作者はどんな人?

それでは、ありがとうございました♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。