妊娠・出産

子どもを出産後の流れの体験まとめ!入院までの間にどんなことをするの?

十月十日の時を経て、愛しい赤ちゃんが立派に成長し、いよいよあなたのもとへ訪れます。不安でいっぱいな方、楽しみで仕方ない方、両方が入り交じってドキドキワクワクしていることだと思います。

今回は出産当日のあるあるネタについて、ママ友にアンケートを取ったり会話の中で盛り上がったりしたネタや、自分の経験を思い出してまとめてみようと思います。まずは出産後の処置から入院までの流れについてまとめました。

 

スポンサードリンク

出産後の流れについて

赤ちゃん誕生

感動の瞬間です。やっと会えた赤ちゃんを抱かせてくれます。そしてすぐに赤ちゃんは体調のチェックにうつります

私は主人が生まれたての娘を抱っこしている写真を取りたかったので、お願いしました。もし、こちらから言わなければすぐに体調チェックにうつるところでした。

お産は女性がするものですが、気持ちはパパも同じ!是非がんばって生まれてきた赤ちゃんを抱っこできるようにお願いしてみてください。二度と撮れないショットなので、是非写真もとってくださいね

胎盤などの娩出

赤ちゃんは、身長や体重、頭部などの測定と、健康状態をチェックされます。その間にママは、胎盤を出して、体に異常がないかチェックし、会陰の傷の縫合をします。

会陰切開の傷の縫合

会陰の傷を縫合します。病院によっては麻酔なしで縫われることもあるようです。かなり痛かったと言う人もいれば、麻酔しなかったのに全然痛みを感じなかったという人もいました

私はビビって、麻酔をしてほしいとお願いしたので、麻酔も縫合も全くいたくなかったですが、縫われている感覚はあって、引っ張られるような違和感はありました。10分程度で終わりました。

分娩台で安静

分娩後約2時間は、分娩台の上で安静に過ごします。病院によっては、LDR室だと陣痛室、分娩室、休息室が全て同じなので、移動する必要はありませんが、分娩室と休息室が別のところもあります。部屋が別の病院だと、お産が終わるとすぐに担架で別の部屋に運ばれて、その部屋のベッドで休息をとるようです。

LDRの費用は?メリットとデメリットも

そして、このときにはじめての授乳をします。まだ母乳もでないし、赤ちゃんもうまく吸い付いてくれないので、形だけですが、記念すべき初授乳です^^

出血の量が異常だったり、母体の血圧や体調が急激に変化する可能性があるので、安静に過ごしましょう。私は、割りと元気な方だったので、家族としゃべったり、赤ちゃんの写真をとったりして楽しくすごしていました。

 

スポンサードリンク

歩いてトイレにいってみる

産後数時間後に、助産師さんと一緒にトイレへいきます。貧血症状がないか、出血の量、排尿がうまくできるかを確認します。

私の病院では、2時間の休息後、入院室へ移動する直前にトイレへ行き、問題がなければ移動という形でした。産後は尿意を感じにくくなることがあるので、2~3時間おきにトイレと決められていることが多いようです

入院室へ移動

病院にもよるみたいですが、私が出産したところは入院室まで車イスで移動させてくれました。知り合いのママの病院では、2時間休息後、いきなり歩かされて、会陰切開の傷の痛さと全身の筋肉痛でかなり大変だったようです

入院生活スタート

母子同室と母子別室により、過ごし方が異なります。
母子同室と母子別室の過ごし方とメリットデメリットは?眠れなくて辛い?

この流れが、お産から入院までの一般的な流れです。病院にもよりますし、個人差も大きいですが、妊娠中は不安でいっぱい!流れを頭に入れておくだけでも少し心の準備ができて安心できますよね。次回は、出産後のあるあるネタについてまとめようと思いますので、是非参考にしてくださいね^^

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE【管理人】  1987年生まれ 3姉妹の母