妊娠・出産

立ち合い出産で上の子どものトラウマにならないか心配!メリットとデメリットは?

お産時に夫に立ち会ってもらい、陣痛中のサポートを受けたり、子どもが生まれる感動の瞬間を一緒に見届ける「立ち合い出産」。

ひと昔前までは、「出産に夫が立ち会うなんてありえない」という価値観が主流だったようですが、現代では、よほどのことがない限り「立ち合い出産をする方が望ましい」と言わんばかりの勢いで、立ち合い出産の方が好まれることが多くなっていますね。(もちろんその人の価値観によってさまざまですが。)

わたしは絶対に立ち会い出産を望んでいて、夫も同じくそう思ってくれており、産まれてくる娘もお父さんの仕事終わりという絶妙なタイミングを選んで産まれてきてくれたので、無事に立ち合いで出産することができました。

さほど珍しいことでもなくなった立ち合い出産ですが、二人目を出産する際、上の子を立ち会わせるかどうかで迷われる方もいるのではないでしょうか。

今回は、二人目以降のお産の際に、上の子どもたちを立ち会わせることについて、調べたことや持論をまとめました!

 

スポンサードリンク

子どもも一緒の立ち合い出産のメリットは?

上のお子さまが小さいか大きいか、ある程度年齢によっても変わってくるかもしれませんが、子どもたちを出産に立ち会わせることに関しては、かなり大きなメリットがあるといわれています。

一般的には、

・出産で入院するときから一緒に入れるので、上の子が寂しがらない

・赤ちゃんが生まれるところを見ることで、お兄ちゃんお姉ちゃんとしての自覚、自分より小さな家族の一員を大切に守りたいという意識が芽生える

・命の誕生する感動の瞬間を一緒に体験できる

ということがよく言われていますね。

そして、貴重な産まれたての赤ちゃんを触ったり抱っこできるのも、立ち合い出産だからこそできる経験だと思います。

次に、子どもを立ち会わせることでのデメリットをまとめてみました。

子供を出産に立ち会わせるデメリット

お産は、子どもにとっては、自分の大切なお母さんが痛いともがき苦しんでいるように見えるもの。

お産がスムーズであればまだ良いかも知れませんが、トラブルがあったりなかなかスムーズに進まないと、大切なお母さんが悲鳴と絶叫を繰り返す光景を目の当たりにすることになります。

幼い子どもにとっては、トラウマになってしまうような光景に映ることもあるようですね。

もし上のお子さんを立ち会わせる時は、デリケートな子どもの心を傷つけないように、事前にしっかりと説明&フォローしてあげておくことが大切かも知れません。

スポンサードリンク

子供を立ち会わせるときに気を付けたいこと

「大好きなお母さんが苦しんでいる…」

子どもがこのように感じ、デリケートな心が傷ついてしまいトラウマにならないようにするためには、どんなことができるのでしょうか?

もし、上のお子さんを出産するときのビデオが残っている場合は、一緒に見てみるのもいいですね。

「自分の命はこうやって生まれてきた」ということを感じられる大切な映像だと思います。

そして、苦しむ姿を見ても、「新たな命のためにお母さんが頑張っている」と応援する気持ちで見届けてくれるような気がしますね。

そして、赤ちゃんが出てくるわけだからお腹がすごーく痛くなるけれど、これは病気でもなく、赤ちゃんが出てくるために必要なことで、お母さんは痛いけど幸せな気持ちでいっぱいだということ。

“命が生まれる”ということ。

お子さんの年齢にもよるかも知れませんが、いつかわかる時のためにもしっかりと伝えてあげたいと思います。

それに、初めは怖くても、実際に赤ちゃんが出てきて、自分の前でふにゃふにゃ動いたり泣いたりしているのを見ると、怖かった気持ちや緊張は吹き飛んでしまうかも知れませんね。そんな簡単は話ではないのかも知れませんがw

自分の命がどのようにしてここに在るのか。

立ち合い出産をすることで、生きていく上で、とても大切な「自分の命を大切にする心」を育む大切な体験ができると思っています。

ただ、陣痛中は苦しみにしか映らないと思うので、待機してもらいたいですが(笑)

命が生まれる瞬間は、是非娘には体験してほしいと思っています。

上のお子さんを立ち合い出産された方、是非エピソードなど教えてください^^

 

それではありがとうございました~♪

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。