出産後の入院生活のあるあるネタまとめ!おっぱいマッサージは激痛?

初めての妊娠の時は、産院選びや出産・入院の準備、ベビーグッズの準備と何かと忙しいですよね。「出産後の入院中はゆっくりできる」「することがなくて暇なのでは」と思う方もいますが、実際は何かとすることがあって、ゆっくり休めないもの。今回は入院中のママが感じるあるあるネタについてまとめました。経験を踏まえて、おすすめの過ごし方も載せているので、良かったら参考にしてくださいね。

出産当日編はこちら
子どもを出産後の流れの体験まとめ!入院までの間にどんなことをするの?
出産後のあるあるネタまとめ!会陰縫合や後陣痛って痛いの?

スポンサードリンク

入院生活のあるあるネタまとめ
入院生活の過ごし方はこちら
産後の入院中は暇ですることがない?過ごし方や眠れない原因と対処法は?

骨盤やお尻が痛くてがに股に!

出産時に痔になってしまう人は結構います。自分だけ?と思ってフロアに出たらみんながに股歩きで安心した!というママもいました。痔じゃなくても、最初はなかなかスムーズに歩けないので、しっかりと骨盤ベルトでしめるといいですよ。

 

お見舞いがしんどい!

お見舞いが嬉しい派としんどい派のママがいました。入院中はなるべく横になって休息しておくほうが、あとからの体の回復も早いです。なにより、退院したら24時間休みなく赤ちゃんのお世話が始まるので、入院中くらいしかゆっくり横になれないものです。赤ちゃんを見にきたいといってくれる場合は、「退院してからゆっくり来てね」とって、約束を後に伸ばすことがおすすめです。

おっぱいマッサージが激痛!

母乳がよく出るタイプのママは、ガチガチの岩みたいに張ってとにかく痛い!赤ちゃんはまだ吸う力も弱くて十分に飲めないので、母乳がたまって激痛に、ひどい場合は乳腺炎になってしまいます。

助産師さんがそれをもみほぐして母乳が出やすくつまらないようにしてくれるのですが、それが陣痛並みに痛くて耐えがたいというママが多かったです。これは本当に痛いです。。。(笑)

赤ちゃんが母乳を飲んでくれない時の対処法は?張って痛い時は搾乳する?

スポンサードリンク

産んだらお腹って元に戻るんじゃないの?

出産直後はまだ妊娠7ヶ月のころのようにぷっくりお腹が出ています。そして、骨盤をぎゅっとしめていることによって、ぷっくりお腹が上にあがり、なんだか変なお腹の状態。ほとんどのママが、「こんなんでいいんですか?」と助産師さんに聞くそうです。

おっぱいが痛いのも辛いけど、なかなか出ないのはもっと辛い

母乳って出産すればすぐ出ると思っていたという声も多かったです。出るまでの期間や量には個人差がありますが、だいたい2~3日で出始めることが多いそうです。

ちなみに、母乳がスムーズに出るように、妊娠中から乳頭マッサージをすすめる産院もあります。私の病院も37週をすぎたころから乳頭マッサージをすすめられました。(初期は流産のリスクがあるのでしてはいけない)出産前から、しぼると数滴母乳が出るようになります。

そのおかげか、激痛になるほどおっぱいは張り、完全母乳で育てることができました。

もっと暇かと思ってた!赤ちゃんのお世話が忙しい!

「入院中ゆっくりしてね」なんて言われますが、ゆっくりできるのは数時間で、実際は2、3時間起きの授乳とおむつ替え、すぐ母乳をもどしてしまので着替えも頻繁です。授乳も慣れない間は、赤ちゃんが寝てしまって上手くのんでくれず、30分ほどかかることも。

赤ちゃんが泣くタイプだとずっと抱っこしてあやさないといけないし、なかなかゆっくりは休めないですね。

気分が落ち込む

急に気分が落ち込んだり、涙もろくなったり、普段は気にならないことが気になってイライラして仕方がなかったり、いろいろな感情に振り回されることがあります。

産後ホルモンのバランスも悪くなり、眠れないことで心身共に疲れてくるので、仕方がないことです。パパや実家のおじいちゃんおばあちゃんにフォローしてもらえる人は、手伝ってもらいながら乗り切りましょう。フォローしてもらいにくい人は、助産師さんに思いきり頼って、ゆっくり休みましょうね。

授乳で乳首が切れて激痛!

赤ちゃんが上手におっぱいをのめるようになるまでに時間がかかります。小さな口で乳首だけを吸われると、そこが切れて激痛に!赤ちゃんがなめても大丈夫な乳頭ケアクリームやオイルを持っておくと、少しマシになります。

やっぱり赤ちゃんはかわいい

お世話は大変だけどやっぱり我が子はかわいい。ずっとみていたいほど可愛いけど、自分の睡眠時間も確保するようにしましょう。

ついついSNSやメールに夢中に

出産報告や、その返事を返したり、赤ちゃんのことについて調べたりしていると、ついつい数時間たって次の授乳に。入院中は興奮していてそれでも乗り切れますが、あとあと体はしんどくなります。特に産後は目が疲れやすいので、眠れなくても目をつぶって横になっているだけでも十分な休息になりますよ。

さいごに

出産という大仕事を終えるとすぐに始まる育児。無理をすると後からしんどくなったり、疲れが出たりするので、思い切って目をつぶってゆっくりと横になって過ごしてみてください。あちこちが痛くてなかなか眠れませんが、時間が経てば良い思い出に変わっていくので、頑張って乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です