便利グッズ

入院出産に必要な準備物やあると便利なものリストまとめ!

生産期(35周)に入ると、いつお産が始まってもおかしくないので、いつでも入院できるように、旅行かばんに入院グッズをまとめて準備しておくと安心です。今回は出産の際に必要な準備物やあると便利なものについてまとめました。

スポンサードリンク

毎日持ち歩いていた方がいいもの

・母子手帳
・健康保険証
・印鑑
・診察券
これらは入院手続きに必要になります。おでかけ先で急に破水したり陣痛が始まったりすることもあるので、かばんに持ち歩くようにしましょう。また、タクシーの電話番号、病院の名前と住所を控え、さらに家族にも伝えておくと安心です。

必要なものやあると便利なもの

・パジャマ(ルームウェア)
授乳口付きのもの。

・洗濯バサミ
授乳に不慣れな間は、上手く授乳口の間から授乳できない場合があります。服をまくりあげて洗濯バサミでとめる方がやりやすいという意見もあるので、一つ持って行っておくと便利です。

・カーディガン
夏場でも赤ちゃんにとって快適な温度を保つため、大人にとったら寒いと感じる場合があるので、必要です。

・スリッパ、靴下
産院によっては準備があるところもあるので、確認してなければ持っていきましょう。

・産褥(さんじょく)ショーツ
またの部分が開閉できるショーツです。お産時はもちろん、産後も助産師さんに状態をチェックしてもらうため産褥ショーツをはくので、2~3枚用意しましょう。

・ナプキン(お産用)
産後の悪露(おろ)=出血 が1ヶ月ほど続くので、ナプキンが必要です。量が思っているよりも多い場合があるので、お産用を用意しておくと便利です。産院で用意してくれている場合があるので、確認して必要な分だけ準備しておくようにしましょう。

・授乳用ブラジャー
前あきタイプがおすすめです。母乳がよく出る場合、張ってかなりサイズアップするので、大きめを準備することをおすすめします

・母乳パッド
これも母乳がよく出る場合に必要です。荷物になるので、10枚ほど持って行っておいて、必要になれば家族に持ってきてもらうようにしましょう。

・授乳用タンクトップ(キャミソール)
前あきタイプのタンクトップです。授乳口から上手く授乳ができない場合、服をまくりあげることになるので、お腹を冷やさないために着ます。あると便利です。

・腹帯
赤ちゃんがいなくなったあとのお腹は冷えた感じがします。また、元の体型に戻していくためにも、すぐに腹帯をつけることをおすすめします。また、授乳中お腹を冷やさないためにもあると便利です。

・骨盤ベルト(とこちゃんベルト)
出産でひらいた骨盤を元に戻すために使うベルトです。産院でも購入できる場合がありますが、念のため確認して準備しましょう。

・洗面具、コスメセット
退院のときにメイクをするのであれば持っていっておく必要があります。

・ベビー用つめきり
産まれたときから爪が伸びている赤ちゃんがいます。いずれいるものなので、購入して持っていっておくようにしましょう。

・ペットボトルのストローキャップ
ストローを差し込んだキャップに変えることで寝ながらでもストローで飲めます。出産時や産後は体勢を変えるのが辛いので、寝ながら飲めるストローキャップは必需品です。100円ショップにうっています。

・小銭入れ
自動販売機や売店にいくときに、小銭入れがあると便利です。

・秒針つき置時計
出産時の呼吸法のとき、母乳をあげる時間の確認のために使います。授乳中は両手がふさがるので、腕時計では不便です。100円ショップでも買えるので、置時計を準備するようにしましょう。

・筆記用具、ファイル
病院から配られた資料をまとめたり、記入したりする際に必要です。

・カメラとビデオ
誕生の瞬間やその後の可愛い姿を是非おさめましょう。

・ガーゼ
赤ちゃんは肌が弱いので、赤ちゃんのお世話は基本的にガーゼを使います。母乳やミルクをよく吐き戻すので、10枚程度あると便利です。

・ドーナツクッション
会陰切開した場合、縫合します。その傷跡がかなり傷み、普通に座ることができないので、ドーナツ型のクッションで患部があたらないように座ります。用意があるところがほとんどですが、念のため確認しておくと安心です。

・授乳クッション
初めての出産だと、上手く授乳が

スポンサードリンク

できないので、あると便利です。これも、病院にあるかどうか確認して、なければ用意することをおすすめします。

 

退院の時に必要なもの

・肌着
入院中は病院の肌着や服を着ることがほとんどですが、退院時は自分の肌着を着ます。

・ベビードレス、着替えの服
退院のお祝いにベビードレスを着る赤ちゃんが多いです。入院時に持って行ってもいいですが、荷物になるので、退院までに家族に持ってきてもらいましょう。必要があれば着替えの服もいります。

・おくるみ、ぼうし、靴下
季節によっては赤ちゃんを寒さから守るために必要になります。

・退院時のママの服
お産が終わっても、お腹はすぐには戻りません。(妊娠7~8カ月くらいの大きさ)妊娠中に着ていたワンピースなどを用意しておきましょう。

・おむつやおしりふき
入院中のあまりを持って帰ることができるかどうか確認しておきましょう。

・チャイルドシート
車で自宅まで戻る場合は、必要になります。

・退院費用
出産一時金から足が出た場合、残りの支払います。出産中の施術によってもプラス料金になる(陣痛誘発剤、急きょの帝王切開、深夜入院など)ので、退院日が近づいたら病院に確認し、家族に持ってきてもらいましょう。

さいごに

準備する物は病院によってさまざまなので、産院が決まったら、何を準備すれば良いか確認しましょう。今回は一般的な準備品に加えて、実際にあると便利だったものについてまとめたので、参考にして頂けたら幸いです。

冬生まれの赤ちゃんの準備物についてはこちら
冬生まれの赤ちゃんの出産準備に必要なものリスト!服やおむつは何が良い?

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ABOUT ME
UTANE
UTANE
UTANE【管理人】  1987年生まれ 3姉妹の母