出産後のあるあるネタまとめ!会陰縫合や後陣痛って痛いの?

初めての妊娠。初めての出産。わからないことだらけで不安と期待が入り混じる妊娠生活。少しでも不安を和らげようと、色々な情報を収集したり、先輩ママに話を聞いたりしますよね。いくら聞いても、出産の形は十人十色。やっぱり不安は不安!と感じる人もいると思います。

 

 

スポンサードリンク

初めてのお産は不安でいっぱい!

私も初めての出産の時は、ネットや雑誌で調べて、「こんな人もいるのかー」「この人自分とつわりの症状が似ているな」「準備物って何がいるのかな」「やっぱり痛いよな」「どうすれば痛くないのだろう」などとたくさん調べて、知識を得ることで不安を解消しようとしていました

七田チャイルドアカデミーという教室の、胎教コースに通っていたので、そこで胎教を経験することによって、少しずつ出産にたいしてポジティブなイメージ持つことができ、当日はリラックスして出産に挑むことができました。(もちろん痛かったですが。。。笑)

 

いくら人の話を聞いても、不安になるだけな場合はあまり聞かない方がいいとは思いますが、知っていると、いざその場面に直面した時に、「こんな人もいたって書いてたな」と、少しでも安心していられます。

お産はいいイメージをもつことと、正しい知識を身につけて、しっかり準備することが大切です

出産後のあるあるネタ

会陰切開より痛い縫合!!

陣痛が痛すぎて、避けたり切開する時の痛みはあまり感じない人の方が多かったです。中にはめっちゃ痛かったという人もいましたが、ほとんどの人はいつ切られたかわからないと言っていました。

それよりも痛かったのが縫合と言う意見が多数!麻酔なしで縫われる病院もあるみたいで、相当痛かったといっていました。

私自身は、「痛いですか?痛いですか?」と何度も聞き、「もう出産より痛いことはなにもないから」と言ってくれましたがどうしても怖いので、麻酔してもらいました。麻酔はチクっと痛くもなんともなく、縫われている時は、糸で引っ張られるような違和感はありますが、全く痛くありませんでした。陣痛が痛すぎたからなのかはわかりませんが、これも個人差がありますね。

縫合部分がいつまでも痛い!

縫ったあとが、あとあとあまりにも痛くて、まともに座ることができません。ドーナツ型のクッションで、縫合部分がふれないようにしばらく座る必要があります。ドーナツ型のクッションは必須ですよ。これも個人差があり、そうだったんですが、中には普通に座ることができる人もいます。

私は、切開はせずに少し裂けただけだったからか、縫合のあとも普通に座ることができてあまり痛くありませんでした。でも、排泄の時はしみるし、体勢をかえる時はやはり痛くて1ヶ月くらいは痛かったですね。

 

スポンサードリンク

後陣痛が痛すぎる!

陣痛よりも痛かったという人がいるくらい、至急、骨盤、お尻の穴あたりにかけて後陣痛という痛みに襲われます。これは赤ちゃんを守るために大きくなっていた子宮が急激に元に戻ることで起こる痛みのことで、経産婦の方が痛いらしいです。私は初産でしたが、お産が終わってから10時間くらいはかなり痛かったですね。ひどい日とは2~3日激痛なこともあるようです。痛みの日数や強さは人それぞれですが、みなさんに訪れる痛みなので覚悟が必要です(笑)

全身が筋肉痛!

意外なところが筋肉痛で、ここに力が入っていたんだと気づきます。私は翌日腕がパンパンに!両サイドのバーをかなりつかんでいたことに気づきました(笑)

友達は顔まで筋肉痛だったようです。叫んだり痛みに耐えるのに食いしばっていたからでしょうか(笑)

トイレへ行くのが怖い!大便なんてびびって出せない!

産後初めてのトイレは歩行がちゃんとできるか、正常に尿が出せるかを確認するために必ず助産師さんと一緒にいきます。排尿がしづらかったり、切開部分の傷がしみたりしますが、徐々に慣れるので大丈夫ですよ。大便を出すのがかなり怖い!でも、早く出さないと便秘になってもっと辛くなるとと助産師さんが言うので、縫合部分がまた裂けて血が出てもいいやーとか思って、気合いいれてふんばりました(笑)一度出れば、何を怖いと思っていたのかというくらい、普段通りに排便できるので大丈夫です。

興奮して眠れない!

陣痛やお産が長引けば数日間はまともに眠れずに睡眠不足になります。そして、産まれたら産まれたでさっそく赤ちゃんのお世話が始まります。病院によったら産後すぐに赤ちゃんを連れてこられたー!って人もいましたが、大概はお願いしたら、お産の日くらいはゆっくりさせてくれます。

よし!今日はゆっくり寝るぞ!と思っても、なぜか眠れない!という意見が多かったです。産後の興奮状態がうまく切り替わらずに、なかなか寝付けなかったり頻繁に起きてしまったりするようです。ちなみに私は爆睡できました(笑)

さいごに

これを読んでくれている方が出産を控えている方なら、赤ちゃんと今からコミュニケーションをとって、良いイメージを持ってお産に挑んでください。お産は怖いものではなくて、赤ちゃんと出会えるとても幸せな共同作業です。そのために、正しい知識を身につけて、しっかりと準備しておくことをおすすめします。

 

もしお産を終えて一段落ついた方が見てくれている場合は、ひとつでも共感できることがあったのではないかなと思います。是非、「あるある!」と笑ってくださいね(笑)

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

UTANE

UTANE 自由人 1987年生まれ  2児の母(2021年5月に3人目出産予定)  わたしの世界観と趣味などについて綴っています。